【 FX 】ボラティリティが小さい時はテイクプロフィットを移動する

【 FX 】ボラティリティが小さい時はテイクプロフィットを移動する:2018.02.22 今朝のライン

 

おはようございます。

Do. です。

 

今朝の FOMC 。

レンジ勝ち逃げ大作戦の取引時間中だったんですが、

すっかり忘れてしまっていました^ ^

 

ちょうど、手動でのエントリーの実験直後で

手動でストップを入れた後だったので、-7pips の損失で済みました。

 

レンジ勝ち逃げ大作戦は、

1 時から 4 時半と、10 時から 14 時半のエントリータイミングで

指標発表は非常に少ない時間帯です。

 

午前中のオセアニア系、中国の指標は気にするのですが

FOMC も少ない回数ながら、とても危険な指標なので

気をつけないとダメですね。

 

 

ドル円は昨日の日中も上昇してきましたが、

ちょっと一服ですね。

 

4 時間足の雲にも入ってきましたし、

レジスタンスになりそうな日足のミドルも近くなってきました。

 

上昇傾向の転換が起きるかどうかを見ていきましょう。

 

 

 

昨日からのレンジ勝ち逃げ大作戦の結果です。

たくさんトレードしているのでキャプチャ画像が多くなっていまいますが

ご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のワンポイントレッスンでお伝えしたのは、

EURGBP、CADCHF、EURCHF の 3 つの通貨ペアの決済の仕方です。

 

これらは、すべて、最初に設定した +6pips の利確までとどかないで利益確定しています。

いずれのポジションも 2 時間以上保有していて

ボラティリティが小さく、利確ができず損切りにもならない、

という状況が続いていました。

 

15 時を過ぎると、ヨーロッパ時間が近くなるので、

とても危険な時間帯になります。

 

このような時は、即、決済しても良いのですが

少しでも良いポイントで決済したい、と思ってしまうと

いつまでたっても決済タイミングを逃し続けることになります。

 

そこで、直近のローソク足の高値あたりにテイクプロフィットの数値を移動します。

 

すると、小さな利益だけは確保した状態で利確ができます。

優柔不断で決断力が弱い私には、この方法が最適です^ ^

 

 

それから、昨日のこれらの 3 つのチャートは、

±1σ の上下幅がとても小さく、利幅に設定している 6pips 無い状態でした。

 

このような時は、±1σ を越えての利確というのは難しい、

ということも実感できたので、下記のようなルールを追加しました。

 

・±1σ の間隔が 6pips 以内の時はエントリーしない
 また、エントリー後、±1σ の間隔が 6pips 以内になった時は
 6pips に届かなくても ±1σ 近くまで現値が来て利が乗っている時に利確する

 

引き続き、いろいろなパターンを想定したルール作りを行っていきます。

 

 

今日から、V_system Pro のブログでの再販を開始しました。

期間限定なので、興味がある方はお早めにどうぞ。

 ↓ ↓

http://fxdo.co.jp/teaching-material/