教材販売について

ブレイクインサイドバーEA

 

HLバイナリー(販売終了)のコンテンツとして提供させていただいたインジケーター、Break_Insidebar 。

そのインジケーターのサインのタイミングでエントリーするEAとして開発を行ってきたのが、

半自動売買システムのブレイクインサイドバーEA( Break_Insidebar_EA )になります。

 

「 Break_Insidebar インジケーターってどんなものだったの?」

 

という方もいらっしゃるかもしれないので、HLバイナリーの紹介ページに記載した Break_Insidebar インジケーターの説明部分を掲載しますね。

 

**************************************************

 

■ はらみ線ロジック

トレンドの時に使うロジックです。

専用インジを開発していましたが、やっと完成しました。とても面白いツールに仕上がっています。

ピンバーと同じく、トレンドの時に使うロジックですが、サインが出るタイミングがピンバーとは全く別になりますので、エントリータイミングが多くなります。

 

現状の検証結果では、勝率はピンバーロジックより5%前後高くなっています。

 

この画像を見ていただければ、トレンドでの優位性を実感していただけると思います。

 

 

 

 

◯で囲んでいるチェックマークがエントリーのタイミングです。

ローソク足の途中で入ることもありますが赤◯が負けたエントリーで緑の◯が勝ったエントリーです。

 

トレンドの前後でもはらみ線を示す緑色の四角表示が出ていますが、フィルタリングを行っているのでエントリーサインは出ていません。

 

プライスアクションロジックはローソク足と移動平均線だけのシンプルな内容なので、

優位性のあるフィルタリングを行いやすいという利点があります。

 

「バイナリーで順張り狙いってどうなの?」と思っていた方、ちょっと目からウロコだと思いますがいかがだったでしょうか?

 

 

さらに、FXの経験がある人は気づかれたと思いますが、このはらみ線ロジックってFXで使ったら面白いかも。。。

 

はい。その通りです。

 

最初からそこを狙って設計していますので。

これ以上言ってしまうと、ちょっとバイナリーからずれていってしまいますので、最後に少しだけ触れますね。

 

( 中略 )

 

Break_Insidebarはバイナリーでは珍しいトレンドロジック用のインジケーターです。

FXでは王道中の王道、トレンドフォローの順張りでリスクリワードが良く、効率が良いトレードを実現できるインジケーターになります。

バイナリーだけのツールにしておくには、あまりにももったいない。そう感じているのは私だけではないはずです。

 

**************************************************

 

いかがでしたか?

Break_Insidebar インジケーターについて、少し思い出していただけたでしょうか?

 

それでは、ブレイクインサイドバーEAを紹介していきます。

こちらをご覧ください。

ブレイクインサイドバーEA

 

ブレイクインサイドバーEA・S

 

ブレイクインサイドバーEAの姉妹版です。

ゴールド(XAUUSDで)、日経225(J225)、NYダウ(WS30)、ビットコイン(BTCUSD)、イーサリアム(ETHUSD)での取引が可能です。

 

 

まだ、1日半くらいの結果ですがこれを見ると機能しているように感じます。

それぞれどのような取引を行っているか、チャート画像も掲載しますね。

 

・XAUUSD

 

・J225

・WS30

・BTCUSD

・ETHUSD

ブレイクインサイドバーEA・Sは下記よりご覧ください。

ブレイクインサイドバーEA・S

 

 

HLトレード

 

あまりにもシンプルで答えが見えているタイミングがありましたので、先日ブログにも投稿しました。

この画像の緑の矢印、2ヶ所のトレードになります。

 

 

************************************************************

直近のGOLD、とてもわかり易いチャートでしたね。

動画で説明しましたが

教材を持っている人の利益を損ねないように話すのが難しいくらいシンプルでした。

 

下落時のトレードは

上位足の環境認識にそってエントリーと決済を行うことができる

最もオーソドックスなトレード。

 

そして、昨日から今朝にかけてのロングエントリーでのトレードは

上位足の方向には逆行するので

ストップをこまめに動かしてリスクを小さくすれば

利確ポイントも明確なので利を伸ばすことができる形になりました。

 

ポンド系はもちろんですが、

GOLD、クロス円でもトレンドが出るチャートが多くなっているので

HLトレードのエントリーチャンスはたくさんあります。

 

チャートを確認してエントリーポイントまで待つ。

シンプルなこの繰り返しを

日々、行っていきましょう。

 

HLトレードの詳細は下記からご覧ください。

HLトレード