バイナリーのバックテストでで60%超え~トレンドラインプルバック

トレンドラインプルバック最新バージョン用の検証EA完成

 

こんにちは。

Do. です。

 

今週は、トレンドラインプルバックの最新バージョンの仕様を搭載した

検証用EAが届いたのでバックテストを行っていました。

 

まず、PD_EA用のバックテストを50回ほど行って

おおまかな設定が見えてきたので

実際にPD_EAを使って試してみました。

 

昨日一日だけの稼働になりますが

バックテストの勝率66.93%は超えてきました。

昨日のように長めのトレンドが出ることが多い相場では

終盤にエントリーしない限りはほぼ勝てるので

あまり参考になる相場ではありませんでした。

 

通常、システムスキャルのサインは

ストップが非常に近いのですが

トレンドラインプルバックのバックテストでは

直近最安値高値から10pips程度の距離をとるほうが成績が良かったので

まずはその設定で動かしてみました。

 

結果がこれです。

 

・重複通貨ペアあり

 

・重複通貨ペアなし

 

勝率はバックテストより良いので問題ないのですが、

リミット、ストップにかかっていない

時間経過決済でのプラス決済が多いことがわかります。

 

ストップを深くしたので、

リスクリワード 1:1 の設定のリミットも

同じく遠くなってしまったので

リミットに届きづらくなりました。

 

時間経過決済は60分でのテストなので

これが短すぎた、という結果です。

 

CADJPYだとこんなトレードです。

 

3回のトレードのうち、最後の1回だけが

リミット到達での利確です。

 

今後、時間経過決済、ストップシフトを

もう少し精査していく必要がありますので

引き続き検証を行っていきます。

 

バイナリーのバックテスト

 

トレンドラインプルバックは開発当初から

バイナリーロジックとしても使えることを想定して作ってきました。

 

そこで、検証用EAにも

バイナリー用の決済モードを搭載しています。

 

 

バックテストでのエキスパート設定ですが、

「バイナリー決済」という決済モードがありますよね。

 

単純にエントリーして何分後に決済する、

という決済ロジックなのでシンプルです。

 

最初は、5分足でバックテストを行っていたのですが

良くても勝率50%少し、という状態でした。

バイナリーの場合は、最低でも55%、

できれば50%台の後半くらいの勝率は必要です。

 

そこで、テストを行う時間足を5分足から15分足に変えてみました。

トレンドが強めに出たときのプルバックを狙うロジックなので

15分足のほうが良いかもしれない、と思ったんですね。

 

すると、ニューヨーク時間に設定すると

勝率が60%を超えてきました。

(2021年の1年間のバックテストです)

 

パラメーター設定をいろいろと変更して

GBPJPYでの設定は見えてきました。

 

今後、時間帯を更に精査すれば

ベースとなるGBPJPYの設定が決まるので

それをもとに他の通貨ペアで通用するかどうかを確認してみます。

 

エントリー回数が少ないロジックなので

複数の通貨ペアで使うことができれば面白くなります。

 

 

今後はフォワードテストも行っていきますが

良いことをお思いつきました。

 

最近、裁量トレード用で

MT4でエントリーを行った時に

同時に国内証券の口座でもエントリーするツールを作りました。

 

MT4でエントリーを行うと

その直後に証券会社のツールの

エントリー箇所をクリックしてくれるツールになります。

 

これを使えば、バイナリーでも

検証用EAを使って自動売買でのフォワードテストが

可能かもしれません。

 

トレンドラインプルバックは少し長めの判定時間がいいので

Bi-winningを使う予定です。

 

Bi-winningのサイトであれば

通貨ペアは固定になりますが、

20分といった長めの時間でも

複数のクリックでのエントリーができそうです。

 

ちょっと実験してみます。