FX:エントリー根拠が無くなったら決済する機能をシステムスキャルに追加

エントリー根拠が崩れたら必ず決済する

 

こんにちは。

Do. です。

 

今日のテーマは、効率よくスキャルを行うために

とても大切な「時間」という概念についてお伝えします。

 

 

ポジションを持つ、ということは

エントリーした方向にレートが動くための根拠があった、

ということですよね。

 

行動するためには、根拠が必要ですし、

その根拠が間違っていた、

あるいは、その根拠の賞味期限が切れた時には

いさぎよくあきらめて、次の行動に移ることが大切です。

 

 

スキャルの場合、エントリー時の根拠が崩れるタイミングは

2種類あります。

1つは、直近高値安値を超えた時。

これは、システムスキャルでもストップを設定する根拠にも使っていて

基本中の基本です。

 

そして、もう1つが、一定の時間が経過した時。

 

ロジックやトレードスタイルによっても

時間の長さは変わってきますが、

システムスキャルでは賞味期限が切れるタイミングを

60分と仮定しました。

(今後、バックテストの結果によって変わる可能性もあります)

 

60分経過しても利確しない、

あるいは、含み損益がプラスにならない

含み損益がわずかで推移している、

このような状況の時は、すでにエントリー根拠が失われている、

と判断してそのポジションに見切りをつけます。

 

そのまま持っていたら、もしかしたらプラスで利確するかもしれません。

でも、その利確のタイミングが2日後だったらどうでしょう?

同時に複数のポジションを持つロジックなら

1つくらい放っておいてもいいかな、

という考えもありですが、ちょっともったいないですよね。

 

ましてや、システムスキャルのように

資金管理ロジックを使っていて、

1つのマジックナンバーでは同時ポジションを持たないようにしているシステムの場合、

2日間もポジションを保有したまま

決済できないでいると機会損失が大きくなります。

 

そのポジションはマイナス決済で損失を出してもいいから

早く見切りをつけたほうが良いですよね。

 

下記のチャートを見てください。

(10日ほど前に実際にあったトレード例です)

 

 

なんと、ポジション保有時間は26時間29分です^ ^

結果的には勝っていますが、

その間に他の通貨ペアでは、何度もエントリータイミングがありました。

 

 

大きな流れを見ると、高値安値ともに

徐々に切り下がっているように見えるので

ショートエントリーした根拠は方向性としては合っています。

 

ただ、この場合は、エントリーしているロジックはスキャルですから、

こんなゆったりとした下落を想定してはいません。

 

あくまでも、エントリー時の下落勢いが続くことを想定した

ショートエントリーでしかありません。

 

そうすると、エントリー直後に反転上昇して

大きく戻した段階で、

エントリー時の根拠はほとんどなくなった、

と見ていいでしょう。

 

ただ、ストップを置いた直近高値には届いていないので

ちょっと様子を見たいな、という気持ちもあります。

 

そこで、エントリーして60分経過した段階で

決済するかどうかの最初の判断を行います。

その時に、含み益がTPに届いた時の10%以上なら決済、

その金額に届いていなければ保有を継続して

損切になるか、含み益がTPに届いた時の10%の金額に届いて決済するまで待つ。

 

このようなルールにして

検証用EAに設定したところ、

とてもストレスが小さくなりました。

 

ロジックにも採用を決定したので、

システムスキャルの決済専用EAにも機能追加を発注しました。

 

 

ポジションを持って60分経過したら、アラートが鳴って教えてくれるような形です。

その時に含み益がTPの10%以上なら

チャートに表示されたサインが点滅する、

(決済をうながすため)

もし、含み益がTPの10%に届いていなければ

サインは点灯して、ストップロスにかかって損切になるか

含み益がプラスになって10%の金額に届くのを待つ。

 

これで機会損失をできるだけ少なくして

効率よくトレードができるようになります。

 

 

レンジブレイクEAに週末決済機能を追加

 

動画でも最後に報告しましたが、

レンジブレイクEAに週末決済機能を追加しました。

 

週末のMT4時間23時(冬時間だと土曜日の朝6時)にポジションを保有していたら、

週またぎのポジションを持たないようにするため

強制決済する機能です。

 

これで、金曜日の夜にポジションを持っていたとしても

安心して眠ることができます。

 

以前お伝えした、リスクリワードを良くする早めの決済機能も

追加しています。

本日中にはメンバーサイトにアップしておきますので

購入者の方は最新版をダウンロードしてください。

 

ご要望を頂いているので、来週、

HLトレードとレンジブレイクEAを再販します。

水曜日か木曜日くらいの公開を予定していますので

メルマガでお知らせいたします。

 

HLトレードは今後、レンジブレイクEAとセットで販売予定なので

単品で購入できるのは今回が最後になります。