システムスキャル、サイン10個の仕様が完成

10種類のサインが出るシステムが完成しました

 

こんにちは。

Do. です。

 

9月から開発にかかりきりだったシステムスキャルが完成しました。

パラメーターやフィルターの精査は

来週の検証用EAの完成を待つことになりますが

システムとしての枠組みは完成です。

 

今週、高値安値サインが加わって

全部で10種類のサインとなりました。

 

 

どのサインがどのロジックによるものなのか

わからなくなりそうだったので、矢印の形状をキャプチャして表にしました。

 

1つのロジックでもサインA~サインCまで複数のサインがありますが、

このサインAというのは事前サインで

そろそろエントリータイミングが来るよ、という合図になります。

 

実際にエントリーするタイミングはサインBとサインCになります。

 

 

昨日のAUDUSDの5分足チャートを見てみましょう。

 

 

矢印の中にはリペイントするものもあるので

実際にエントリーするタイミングがわかるように

価格表示が残るようにしています。

 

このチャートでは、インジケーターを設置したのが途中だったので

前半は価格表示が出ていません。

 

トレンドの時には、押し目買い、戻り売り(プルバック)のサイン、

トレンド終了時にはダイバージェンスのサイン、

レンジでは逆張りのサイン、

という形で、5分足の形状に合わせたサインを出すように

フィルターを設置しています。

 

現状では勝率40%台はキープしているので

(これでも資金管理ロジックを使えばプラスにはなっています)

今後はバックテストを繰り返して

パラメーターを精査し、

勝率を少しでも上げていきます。

 

 

テストモニターを5名募集

 

今回のシステムは、サインを出すインジケーターと、

ボタンを押してエントリーをして自動決済を行う半自動売買EAのセットになります。

 

サインが10種類になって、全てのフィルターを個別で設定できるようにしたので

全てのサインをtrueにすると、少し動作が重くなります。

1つの通貨ペアでも1日で5~10個くらいのサインが出るので十分なのですが

できれば、リスク分散と、効率化を考えて

同時に複数の通貨ペアを設置できるといいかなと思っています。

 

私の3つのパソコンでは6つの通貨ペアをMT4に設置しても

問題なく稼働することを確認できていますが

すべてi7でメモリは8GB以上のスペックになります。

 

もしかしたら、i5で4GBあれば

複数通貨ペアでの稼働も大丈夫かな、と思っていますが

私の環境では調べることができません。

 

そこで、

「私のパソコンで試してみてもいいよ」

という方がいらっしゃったら、

サンプル用のインジとEA(12/2までも使用期限つき)をお送りするので

試しに使ってみていただいて、その使用感を教えていただきたいと思っています。

(いろいろなデータが欲しいので、私と同じくらいか、それよりも良いスペックの方でも大丈夫です)

 

先着5名限定です。

私の教材をこれまで2つ以上ご購入いただいた方に限らせていただきます。

 

テストを行ってもいいよ^ ^

という方がいらっしゃいましたら

下記の内容をご確認の上、メルマガに返信する形でご連絡ください。

 

● テストモニター募集内容

・先着順で5名

・11/29~12/2の4日間のみ稼働するテストサンプルインジとEAを送付

 (この間、テストできない方はご参加いただけません)

・ZOOMまたは、メールで使用感のご感想を必ずいただける方

・可能であれば、上記4日間の中でZOOMで使用感をお伝えいただけるとありがたい

・マニュアルはまだ無いので簡単な使い方説明動画を送ります

 

サインが鳴ったらエントリーボタンを押すだけなので基本的な使い方は簡単です。

使いこなすところまでいかないで4日間が終わるということはありません。

設置したらすぐに使用可能です。

 

募集は明日の28日(日)までとさせていただき、先着5名で締め切らせていただきます。

ご応募頂いた方には可否の連絡をメールでお送りいたします。

 

ご協力いただければ嬉しいです^ ^

 

 

 

レンジブレイクEAのZigzag決済搭載が完了しました

 

先日お伝えした、レンジブレイクEAのリスクリワードを良くするためのZigzag決済機能。

搭載が完了しました。

このようなロジックになります。

 

25日からテスト運用を行っていますが、たまたまトレンドが出たので

18通貨ペアでの完全自動テストでも結果はプラスになっています。

(エントリーを多くするため、日足の平均足フィルターをOFFにしています)

 

 

基本は半自動売買EAになりますので

完全自動での使用は考えていません。

 

25日から稼働させた2日間の成績が下記ですが、

トレンドの後には必ずレンジになりますので

トレンドで一度利確したら停止して

レンジがある程度続いたら稼働させる、

という使い方が良いですね。

 

 

このグラフを見れば一目瞭然ですよね。

トレンドの時には勝ってレンジの時には負ける。

当たり前の事実を受け入れて使い方を組み立てていきましょう。

レンジブレイクEAには、週末決済機能も搭載しようと思っていますので

その改良を終えたら最新版をメンバーサイトにアップします。

 

 

それから、ご要望を頂いていますので

HLトレードとレンジブレイクEAを12月に再販予定です。

 

日程が決まりましたらメルマガでお伝えいたしますので

もう少しお待ち下さい。