教材販売について

V_system Pro  販売を再開しました 2018.07.27 ~

 

Do. がすべてを注ぎ込んだ FX 教材の完成型

 

2017.12.15

レンジで手堅く 8pips x 2 :トレンドでは大胆に 100pips

 

2017年、12月15日のチャートでは、日中がレンジで夜はトレンドでした。

V_system Pro はレンジ戦略とトレンド戦略の 2 つのロジックを採用しています。こんな攻め方になります。

 

 

 

 

真剣に FX に取り組みたいけれど、何から始めていいかわからない・・・

これまで簡単に稼げると言われた手法をいくつも試してみたけれど、
すべてうまくいかなかった。

 

今度こそ本物のスキルを身につけたい。

 

そんな人のために作った教材です。

ですから、
楽して稼ぎたいと言う人には購入して欲しくないんです。

  ↓ ↓ ↓

 

クレジット一括決済、銀行振込の方はこちら。
  ↓↓
V_system Pro

 

分割決済をお使いの方はこちら。( 3回~24回の分割決済に対応:クレジット決済会社の分割手数料が別途かかります )
 ↓↓
V_system Pro

 

ゆったり V スキャル

ブログでの先行販売を開始します。
 ↓↓
ゆったり V スキャル

このブログでも公開してきました、これまでの結果です。

2018.06.19 ~ 06.22

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.25

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.26

 

 

 

 

 

2018.06.27

 

 

これらの結果を見ていただいてわかるように、一つ一つのトレードはプラスになったとしても、数 pips でしかありません。ただ、これらを積み上げていくと、それなりの数字になってしまいます。

トレンド戦略メインで取り組んできた人にとっては、たった数 pips という感じですよね。

重要なことは pips 数ではありません。

FXの実践で大切なことは、この 2 つです。

・継続して安定した結果を出すことができるルール

・最大ドローダウンが小さいルール

なぜ、この 2 つが大切なのか?

ブログ、メルマガを読まれている皆さんならおわかりですよね。

FX の実践目的で最も大切なこと。

それは、複利運用。

この、複利運用を実践するために外せないのが先程お伝えした 2 つのルール条件。

この、ゆったり V スキャルには、もしかしたら、これらをクリアできる底力があるかもしれません。

銀行振込、クレジット一括決済(Pypal)はこちら

 ↓↓
ゆったり V スキャル

 

10 回までの分割決済はこちら

 ↓↓
ゆったり V スキャル

 

AssetProtect Pro 

メルマガ登録特典として大好評の AssetProtect に 3 つの機能が加わって Pro バージョンが誕生しました。

出口戦略が勝敗をわけることは、プロの世界ではよく知られた事実です。Do. が欲しかった機能をすべて盛り込んだ決済専用の MT4 補助ソフト。 一度使ったら手放せなくなります^ ^

・初期の損切幅と利食い幅の自動設定(成り行きエントリー時)
・建値決済
・通常型、階段型のトレーリングストップ
・エントリー後の経過時間での強制決済
・通貨ペア別、全通貨ペアの一括決済ボタン

これらの機能をすべて詰め込んでこの価格。ブログ読者さまへの感謝の気持ちです。
 ↓↓
AssetProtect Pro

 

トレンドキャッチ

トレンドで小さな利益を積み重ねていく【 トレンドキャッチ 】。

裁量手法の王道、押し目、戻り目のタイミングでアラートが鳴って、逆指値の設定レートを教えてくれる、というツール中心の教材です。アラートを半自動売買化してポジションを持ってくれる EA も開発が完了しました。( 今後もバージョンアップを行う予定です )

トレンドの時はこんな感じで利確しています。( トレンドキャッチ 半自動売買 EA )

トレンドキャッチ EA をある程度までフィルターで動かせるよう最終調整しています。

BreakEA Pro ではレンジ戦略用に搭載して、非常に有効性を確認できた3σ傾きフィルター機能を、逆利用できないか検討中です。

 ↓ ↓

3σ 傾きフィルターの搭載完了しました。

トレンドキャッチのアラートツールには搭載していなかった VQ フィルターも自動で判別できるよう機能追加できました。

 

内容を確認する

 ↓ ↓

トレンドキャッチ、トレンドキャッチ EA

 

 

FXプレミアムトレード ~Ultimate~ 【 Do. が信頼する後藤氏が放つ究極の無裁量取引 】

FXプレミアムトレード ~Ultimate~
 ↓ 
http://fxdo.co.jp/shizenfx/cf/j4

作者の後藤氏から頂いたメッセージです。

************************************************

はじめまして。
FXトレード商材「FXプレミアムトレード」シリーズを販売しております、株式会社アディ・インベストの後藤と申します。

この度、Do.さんとのご縁で、私の新商材「FXプレトレ~Ultimate~」を、Do. の自然道の読者の皆様にもご紹介いただけることになりました。Do.さんとは、全く偶然にお互いの商材を購入しあっていたと気づいてから、メールのやりとりが始まりました。
7月にDo.さんがプログラマーの方と打ち合わせをするために上京された時に、実際にお会いしました。短い時間でしたが、年齢が近いこともあって意気投合し、これからも情報共有をしていきましょうと約束し、プログラマーさんを紹介いただけることになりました。

丁度その時、私に新商材の構想があり、後日プログラマーさんとお会いした時に、その話をしました。とても優秀なプログラマーさんで、私の思い描いていた、「こうなればいいな」というトレードツールをどんどん形にして下さいました。
さらには、「ここで矢印が表示された方が使いやすいですよね」などと次々と提案して下さり、当初私が考えていたよりも何倍も素晴らしいトレードツールが完成しました。

それが、「FXプレトレ~Ultimate~」です。
Ultimate(アルティメット)とは、英語で究極という意味です。「プレトレ」シリーズの最高傑作という意味を込めて、この名前にしました。
ここまで自信を持って商材を提供できたのも、Do.さんとのご縁とプログラマーさんのおかげです。

「FXプレトレ~Ultimate~」の最大のセールスポイントは、業界初の新指標 “トレンド率” で、トレンドかレンジかを明確に定義したことです。“トレンド率” という言葉、聞かれたことはありますか?
おそらくないと思います。なぜなら、私が考えた言葉だからです(笑)
ネットで調べても、そんな言葉は出てこなかったので、商標登録を出願しました。

その “トレンド率” の数値で、レンジ戦略とトレンド戦略を使い分けます。
Do.さんはブログや動画で、「トレードするためのメンタルを鍛えない」あるいは「意志力を使わない」とおっしゃっています。私もこの考えに大いに同意しています。トレードの際に「意志力を使わない」ために、トレードツールを考案してきたと言っても過言ではありません。

「FXプレトレ~Ultimate~」は、Do.さんの「V_system」とは全く違うアプローチで、「意志力を使わない」ことを実現させたルールであり、ツールになっています。

「卵は一つのカゴに盛るな」という相場の格言があります。
手法は一つに絞るのではなく、いくつかの手法を相場に合わせて使い分けることも必要です。この機会に、「FXプレトレ~Ultimate~」を手にして、収入源を増やしてみて下さい。

************************************************

FXプレミアムトレード ~Ultimate~
 ↓ 
http://fxdo.co.jp/shizenfx/cf/j4

後藤さんのプレミアムトレードシリーズは、V_system 販売当初からお世話になっているアフィリエイターさんに紹介していただきました。
これまで数え切れない商材を見てきているアフィリエイターさんに、教材を初めて作った私が勉強させていただく良い教材を紹介して欲しい、とお願いしてチョイスしていただいたものです。

そんな後藤さんが私の V_system を購入してくださって、上記のようなやり取りが始まりました。
後藤さんと私は、投資や FX についての考えはほとんど同じで、とても信頼できる方ですので、今回、後藤さんの教材をご縁をいただいた大切な皆さんにも自信を持ってご案内させていただきました。

追伸
私自身も楽しみにしているのは、購入特典の EA の特別価格での提供です。制作はもちろん、私がお世話になっているプログラマーさんで、「 頑張って作っていますよ~ 」とお話をいただいているので完成が待ち遠しいです。

FXプレミアムトレード ~Ultimate~
 ↓ 
http://fxdo.co.jp/shizenfx/cf/j4

 

その他

教材販売などについて、お問い合わせのある方はフォームよりご連絡ください。

 

Do. の自然道:コンサルコースは多少の空きができました。

少数の募集を再開しますのでご興味がある方はお問い合わせください。

(FXのみのコンサルではありません。オンラインと対面での自然道コンサルになります。詳細はお問い合わせいただければ折り返しご連絡致いたします。)