V_system Pro いよいよ公開です

 

V_system は、昨年の 12 月にちょっとしたきっかけから生まれました。

 

私が取り組んでいたトレンド手法が、あまりにもシンプルだったので、もしかしたら FX 初心者の方のお役に立つかもしれない、そう思ってお世話になっているネットビジネスの師匠に相談しました。

 

すると、すぐにメルマガで紹介していただいて、あっという間にメンバーさんが増えていきました。

 

この流れに戸惑っていたことも事実でした。

 

当初の V_system は、トレンド戦略のみのロジックでした。

 

相場はあくまでもトレンドとレンジの両方が混在しています。

 

どうしてもトレンド戦略のみの V_system では、片手落ちでした。

 

大きなトレンドが出た時は圧倒的に利益を伸ばす。

ただ、どうしてもその大きなトレンドは回数が少なく、

ひたすら待ち続けることを強いられることもあります。

 

そんな時、レンジも攻めることができたら・・・

 

そう思うのは当然です。

 

こうして、レンジ戦略を取り入れた V_system Pro への道がスタートしたのです。

 

ちょっと長くなりますが、まずはベースになるトレンド戦略の V_system から話を進めていきます。

 

※ 今回販売の V_system Pro は、最初に公開した V_system にレンジ戦略を加えて進化させたものになります。

 

 

なぜ、捨てるトレードなのか?

 

 

もし、あなたが今、トレードで勝つことができないのなら、

トレードだけではなく、トレードをしている部屋だけでも

不必要なものをすべて捨てて、視界をすっきりさせて下さい。

 

Do. :プロフィール( http://fxdo.co.jp/profile2/ )

ブログ:Do. の自然道 ~ FX編 ~
( http://fxdo.co.jp/ )

FXから商品先物まで様々な投資をやってきました。ずいぶんと失敗もしたし、だまされもしました。そしてたどり着いた真実。

「本物の投資はこれだったんだ」

その方法をお伝えしていきます。

 

心がシンプルになります。

 

トレードで継続して勝ち続けるためには、

そのシンプルさこそが必要不可欠なベースになります。

 

実は、相場の世界はとてもシンプルです。

 

それを複雑にしているのはあなた自身なのです。

 

 

ここで、まず、私自身のとても複雑だった過去のトレード経験をお話しさせていただきます。

 

一時期、レートが動く方向を予想していた時期がありました。

 

その時のチャートはとても賑やかでした。

 

そして、その賑やかさこそが当時の私のトレードには必要だったのですが。

 

10 本もの移動平均線、水平線、トレンドライン、フィボナッチ、ボリンジャーバンド、
ピボット、一目均衡表の雲、そして、サブウインドウにはオシレーター系のテクニカル

こんな賑やかなチャートで、10 通貨ペアの複数時間軸ををたくさんのモニターに表示して
通貨の相関性を確認しつつ、その中で、ポッカリとあいたフリーエリアを見つけて
そこへレートが向かう時にピンポイントでエントリーする。

 

1 つの通貨ペアで 4 つの時間軸を見ていたので合計 40 枚のチャート・・・

それを 1 日 10 時間以上見続ける。

 

そんなトレードをしていたのです。

 

確かに勝率は悪くなかったのですが・・・
ここで、我に返ってトレードの目的を考えてみました。

 

 

なぜ、何のために自分はトレードをしているのか。

私にとってトレードとは一体何?

 

 

出てきた答えがこれでした。

 

 

 意志力をできるだけ使わないで毎月決まった給料を稼ぐように利益を得る

 月間で安定した利益率を残し、複利でまわす

 安定した利益を出すシステムを数十年単位で継続して取引ロット数を上げていく

 家族に胸を張ってこんな仕事をしていると言うことができて、

   子供にも継承していくことが出来る仕事

 

 

意志力を使い続けるこれまでの方法を続けたとして、私自身のトレードの目的を
数年にわたって達成し続けることができるだろうか?

 

そう思った時、答えは明快でした。

 

レートの行く先を予想するトレードは
どうしてもギャンブルの枠から抜け出すことはできません。

 

もちろん、期待値の高い方にベットし続ける意志力と経験があれば
それで結果を残すことは可能です。

 

ただ、それでロットを上げ続けていくには、
私の優柔不断な性格と技量ではすぐに限界がくる。

 

それは明白でした。
そこで、すべて捨てて、レートの行く先を予想することをやめました。

 

そして、これだけを意識するようにしたのです。

 

 

 今はトレンドなのか、レンジなのか。

 もし、トレンドだったら、次はレンジになる。

 もし、レンジだったら、次はブレイクしてトレンドになる。

 

 

そうすると、トレンドとレンジの転換を示す情報をいかに正確に導き出すか、
これが重要だということは嫌でもわかってきます。

 

 

そのテクニカルの検証に集中した結果が V_system です。

 

 

指標発表の時間くらいは気にしますが、ファンダメンタルズは一切気にする必要がありません。

 

先入観を抱いてチャートを見てしまうことになりますので
余計な情報は遮断するほうがいいのです。

 

 

余計な情報を「捨てるトレード」が大切になります。

 

 

まずは、2017年1月30日のGBPJPYのチャートをご覧ください

 

 

大きな下落トレンドの波を捉えて 210.4pips 獲得です。

V_system は、このように大きな波を捉えるのが得意です。

 

ちなみに、これが直近、2017年4月6日午前3時のFOMC議事録公表直後のチャートです。

 

 

そして、これが、2017年3月28日から29日にかけてのチャートです。

 

 

 

それでは、昨年、1年間の成績をご覧ください。

 

 

2016年無裁量月間成績

 

V_system は完全にルール化しており、極限まで無裁量に近づけた取引を実現しています。

 

基準となるルールは、初心者から上級者までの幅広いユーザー様にわかりやすいように

基本ルール、応用ルール、補足ルールに分かれています。

 

その、基本ルールと応用ルールの一部を加えた無裁量での取引検証結果が下記になります。

( GBPJPY 一通貨ペアのみで24時間取引したトレード結果です )

 

週末の持ち越しなし、指標考慮なしの条件です。

 

 

 

 

ファンダも味方! その結果画像(2016年:英 EU離脱、トランプ選挙)

 

 

2016年6月24日 イギリス EU離脱 +2092.5 pips

 

2016年11月9、10日 米大統領 トランプ選挙 +257.5 pips +319.7 pips 合計 +577.2 pips

 

 

 

200pips、300pips超えも可能な V_system 取引画像

 

 

2016年7月6日 +275.2 pips

 

2016年7月12日 +13.8 pips +93.4 pips +252.6 pips 合計 +359.8 pips

 

2016年10月12日 +167.5 pips +156.4 pips 合計 +323.9 pips

 

2016年11月10日 +158.6 pips +112.8 pips 合計 +271.4 pips

 

 

レンジを回避するレンジフィルターをサインツールに搭載しました

 

V_system はトレンドを大きく取ることがありますが、レンジには弱い、という弱点がありました。( トレンド戦略なので当たり前ではあるのですが )

そのため、複数のフィルターを使って、出来る限りレンジでのエントリーを回避してきました。

 

ただ、どうしても連敗が続くことはありましたし、勝率は 30 %台でしかありませんでした。

 

そこで、公開後もずっと試行錯誤を続けた結果、やっと勝率を 40~50 %台に持ってくことが可能な、レンジフィルターを、応用ルールとして採用することができました。

このルールは、早速サインツールにも搭載することが完了してすでにメンバーさんへは配布が完了しました。

 

下記の画像をご覧ください。

 

 

この画像の左右に見える黄色い四角がサインツールのレンジフィルターになります。

この、レンジフィルターを使った今年の検証結果です。

 

 

今年前半は大きなトレンドが少なかったので、派手さはありませんが

勝率も 40 %以上を確保して、よりメンタルに負荷がかからなくなりました。

 

 

サインツールも購入者全員に無償配布!

 

実は、これまでメンバーさんからのご要望で最も多かったのが、

 

「 エントリーするタイミングで音が鳴るようなツールがあれば助かる 」というものでした。

 

チャートを見る時間がある程度ある方でも、どうしてもちょっと用事ができて
目を離していてチャートの前に戻ってきたら、もうサインが出た後だった。

 

あるいは、ネットビジネスをやっていて、チャートの上にブラウザを広げて作業をしていたら
エントリーのタイミングを見逃してしまった・・・

 

こんな状況をなんとかしたい。

 

せっかく勝ちやすいルールなのに、そのチャンスにうまくエントリーが出来なかったり
エグジットが遅れて含み益が減ってしまうことを避けたい。

 

そういったご要望をたくさんいただいたんですね。

 

このようなツールは、私自身もあればいいなあ
と思っていて、昨年後半から開発には着手していました。

 

ただ、完成はそんなに急いでいなくてゆっくり進めていました。

 

ところが、皆さんのご要望がとても多かったので
昨年末、急遽、プログラマーさんと打ち合わせをして
大至急で仕上げていただくよう、ご無理なお願いをしてしまいました。

 

 

今回、ツールの開発をお願いしているプログラマーさんは
とにかく実直で良い方なんです^^

 

私がお願いした後は、
休日返上でキーボードをたたき続けてくださっています。

 

もちろん、私のことですから
なんとかしてユーザーさんが使いやすいものを作りたくて
要望はどんどんエスカレートしていきます (^_^)

 

基本の MTFVQ のサインが完成したら、
VQ と、雲のエントリーフィルターを使った時のサインも出ると
みなさん喜んでくれるかな・・・

とか。

 

レンジでの損失を抑えるためには、直近高値安値を超えたタイミングで
アラートが鳴ったら嬉しいなあ。

とか。

 

1 日数時間しか取引できないサラリーマンや主婦の方も多いので
応用ルールの 5MA エグジットや
補足ルールの 1 分足エグジットのタイミングでも
アラートが鳴ったら助かるよね・・・

 

もちろん、これらのフィルターは、
ユーザーさんの好みでオン、オフができるようにしてね。

 

・・・と、私は言いたい放題 (^_^)

もちろん、私のわがままが
ユーザー様のためであることをわかってくれている
プログラマーさんは、お願いした翌日には
バージョンアップ版をチャットワークにアップしてくれました。

 

その仕事の速さには本当にびっくりでした。

 

そんな私の思いと、プログラマーさんの心意気がつまったサインツール、
まずはこの画像をご覧ください。

 

 

いかがでしょう?

 

まさに、V_system のルール通りのタイミングで
サインが出ているんですね。

 

このサインツール、音で教えてくれるだけではなくて、
スマホへ知らせてくれるプッシュ通知機能やメール送信機能まで搭載しています。

 

ということは、エントリーした後
用事で外出したとしてもスマホでサインを受け取って、
スマホから決済をすることが可能になります。

 

会社へ行って仕事中、スマホをチラ見して
トイレへ・・・

なんてことは、できるだけやらないでくださいね(笑)

 

ちなみに、こんな感じでサインが出ます。

 

※ サインはあくまでも条件が揃ったことを知らせるツールです。売買の指示ではありません。実際に売買するかどうかは自分自身で判断する必要があります。すべてサインどおりに取り引きをすれば良いというものではありません。

 

3 月 22 日の 8 時 30 分の 4 つのチャートのサイン画像になります。

FXでは馴染みの少ないXAUUSD(ゴールド / 米ドル)も入っていますが、V_system では可能です。

 

 

 

サインツールの音を変更(オリジナルも可)できるようにしました

 

サインツールの音ってMT4のツールだったらほとんど同じですよね。

 

音で知らせてくれるのはありがたいのですが、この音って何のアラート?

ってわからない時ってありませんか?

 

インジケーターもアラートで教えてくれるものもあります。

同じサインツールを複数の通貨で設定していることもあります。

 

このような状況だと、アラート音が鳴るたびにポップアップを確認して、今の音は、どのアラート?

と確認する作業が必要で、スピーディーに対応しなければならない時は、どうしてもストレスになります。

(私くらいの年齢になってくると、小さいポップアップの文字確認もやりづらくて(笑))

 

ストレスを少しでも無くしたトレードを実践したいと思っている私にとって

この問題は、結構大きいものでした。

(当然、利益額にも直結してきます)

 

例えば、「ポンド円エントリー」ってツールが言ってくれたらわかりやすいのに・・・」と思ったのがこの機能を搭載した理由です。

いつものように、プログラマーさんに無理を言って作っていただきました。

これで複数通貨の監視も楽になります。

 

実際に私が作った音声です。

 

 

 

 

フリーソフトで簡単に作ることができますので、その作り方もお伝えします。

(デフォルトで上記の音声を設定できるようにしています)

複数通貨を監視している方は、「ドル円エントリー」「ポンド円エントリー」という音を設定して

複数のチャートを同時に立ち上げれば一つのMT4でも複数の通貨ペアの監視が楽になりますよ。

 

例えば、こんな感じです。

 

 

 

 

ちょうど、今、V_system Pro の、半自動売買システムを開発中で、8 通貨ペアの検証をしているので、非常に重宝しています。

 

少し器用な方なら、自分が好きな曲のサビやイントロなど、いろいろな音を設定することができます。

ほんの少し遊び心を加えれば、単調なトレードも楽しくなってきますよね。

 

 

まずは、実践者のお話をお聞きください

 

 

昨年 12 月の V_system 販売当初に購入されたWさん。

 

……………………………………………………………………

いくら勉強しても見えてこなくて、点と点だったものが

V_system によって、やっとつながった。

 

これまでは、心臓がドキドキして、手に汗握るトレードをやっていたのに

それが無くなってトレードが楽になった。

……………………………………………………………………

 

そんなお話をしてくださいました。

 

 

 

 

こんな楽ちんトレードです

 

 

2016.12.19  GBPJPY 107 pips  GBPUSD ?68.8 pips  大波をとらえたトレード

 

 

 

2016.12.06 47.9pips トレンド転換後の波をとる

 

 

 

2016.12.08 27.3pips ポンド円、大きめのレンジの中をとる

 

 

 

2016年12月8日 1日のトレード結果

 

 

 

 

 

 

 

 

このような感じで、楽なトレードを繰り返しています。

 

エントリーした後は、決済の条件が合うまで放置ですから、

時々チャートを見ながら他の仕事をやっています。

 

取引がストレスにならないので、とても時間を有効に使うことができます。

 

 

V_system の概要を簡単に説明します

 

裁量判断を必要としないで、複数のテクニカル条件の確定で売り買いをしていく
順張りトレード手法です。

 

大きなトレンド時には圧倒的に利を伸ばすことが可能です。

 

ロジックは明快で、曖昧さを排除しました。

 

エントリー、損切、利確、再エントリー、すべてが明快な条件があって
その条件が確定したら実行です。

 

ですから、裁量の余地はありません。

 

条件確定で実行することを習得できれば
理論上、誰がやっても同じ結果になります。

 

もちろん、根拠となるロジックはすべてお伝えします。

 

ブラックボックスはありません。

 

とてもシンプルなので、基本ルールを守れば
あなたのライフスタイルに合わせた【 自分ルール 】を構築していく事も可能です。

 

 

今回お届けするコンテンツの中で、特筆すべ点は、トレーニング方法をお伝えすることです。

 

FX投資に勉強は必要ないと思っています。

 

ただ、練習は必要です。

 

意志力を使わず、楽な気持ちで継続するための 3 段階練習方法をお伝えします。

 

基本ルールはお伝えしますので、その練習の中で、自分用のルールを作っていただくことが可能です。

 

人それぞれ、性格もライフスタイルも違います。

 

サラリーマンのほとんどは、夜しかチャートを見ることができないでしょうし、
最近では、昼間、子育てをしながらチャートを見る主婦の方も多いですよね。

 

また、自営業なので日中、仕事をしながらでも可能だし、
夜もそのまま続けられるよという方もいます。

 

継続して投資を続けるためには、
みなさんそれぞれが自分にあったルールを構築していくことが大切です。

 

練習と言ってもデモトレードで簡単な売買を繰り返すだけなのでご安心下さい。

ゲーム感覚で楽しんで下さいね。

 

こうしたら勝てるよ、という方法を教える人は沢山いるかもしれませんが、
その方法を知っただけで勝てるようになれないことは、もう皆さんお気づきだと思います。

 

金メダルを取ったスイマーの泳ぎを見ただけで
翌日、世界記録を更新できる人はほとんど存在しません。

 

例えば、これまで 23 個の五輪金メダルを獲得したマイケル・フェルプス。

 

彼は北京五輪の 200m バタフライ決勝で世界記録を出して金メダルを取りましたが、
最後の 100m はゴーグルに水が入って何も見えない状態で泳いでいました。

 

なぜ大切な舞台で、非常事態に陥ってもこのような結果を出すことができたのか。

 

その理由は、彼の練習方法にあると言われています。

 

彼がどんなメンタルトレーニングをして、どんなフィジカルトレーニングをしていたのか。

 

それをヒントに、FXのトレーニングに置き換えて
具体的なトレーニング方法をお伝えします。

 

私は相場と関わって 10 数年になりますが
その間、100 年に一度という表現に何度出くわしたことでしょう(笑)

このように、何が起きてもおかしくない世界というのが相場の世界です。

 

その中でも安定したメンタルを維持して日々トレードをしていくためには
規律を持ってルールを守り、意志力をできるだけ使わないトレードの実践は必須です。

 

そして、このトレーニングの中で、数 10pips、あるいは 100pips 超えの利益を
経験して下さい。

 

このトレーニングをすることで、
多くの方が陥るプロスペクト理論のワナにはまらない、あなたになって下さい。

 

トレーニングは、難しいことはありません。

 

淡々と条件に合わせた売買を機械的に繰り返し行うだけです。

トレードで安定した利益を出し続けるためには
メンタル、手法( ルール )、資金管理が 3 本の柱と言われます。

 

これらについてはもちろんお伝えしますが
補足として大切なこと、それはトレーニング方法とトレード日誌です。

 

特に初心者の間はこの二つの柱を加えて 5 本の柱をしっかりと意識していきましょう。

 

投資を継続するには、結果としてそれが一番の近道です。

 

 

 

いの一番に、V_system モニターに参加してくれた知人の もっちゃん の感想

 

FXは、全くの初心者の知人、もっちゃんが、このモニタープログラムに参加してくれました。

 

そんな彼とスカイプで話してみると、トレーニング2日目で、

なんと 100pips を超える利益を得てしまったらしく、

 

「 あれ? 100pips もとれちゃったんだ・・・

 

他の作業もやっていたので、ちょろちょろ見ていたら、

びっくりしましたね。

 

どこまで上がるんだろうと思って。

 

100pips って実際すごいことなんですよね。

 

最初からちょっとうまく行きすぎかなっていうのもあるんですけど、

でも、そういうチャンスっていっぱいあるなっていうのが

過去のチャートを見ればわかりますよね。 」

 

と、とても楽しそうに話してくれました。

 

では、そんなもっちゃんの実際の声をお聞き下さい。

 

 

 

もちろん、メンバーサイトで丁寧に内容をお伝えします

 

さきほどの、もっちゃんとの対談動画の最後に出てきましたが、

今回、特設メンバーサイトを作りました。

 

こんな感じで、日々、新たな情報をアップしています。

 

 

なぜ、ここまでやるかというと・・・

 

とにかくこのプログラムに参加していただいたみなさんに、

シンプルな V_system を、確実に自分のものにしていただきたい。

 

3 段階トレーニングを実践して体で覚えていけば

楽ちんトレードは可能なんだということを知っていただきたい。

 

その思いだけなんですね。

 

シンプルな手法だけに、応用が効いて奥が深い V_system

 

その、奥の深いところまで

メンバーサイトで丁寧にお伝えしていきます。

 

是非とも、ご自身の性格やライフスタイルにあった

自分ルールを確立させて、

日々の楽ちんトレードを実践していただきたいと思っています。

 

いよいよここからが、レンジ戦略を使った V_system Pro への進化です

 

V_system を公開させていただいてから約半年。

 

なんとかして、レンジ戦略をお伝えしたい。

その思いをずっと持ち続けてきました。

 

為替や先物など、あらゆるチャートにはレンジとトレンドしかありません。

 

その中のトレンド戦略をお伝えしたのが V_system でした。

 

大きなトレンドが出た時は圧倒的に利益を伸ばす。

ただ、どうしてもその大きなトレンドは回数が少なく、

ひたすら待ち続けることを強いられることもあります。

 

そんな時、レンジも攻めることができたら・・・

 

そう思われた方も多いと思います。

 

これまで、座談会やスカイプではお話をさせていただきましたが

私自身は、数年間、メインはレンジ戦略でした。

 

そのレンジ戦略の補完として作り上げたのが V_system だったんです。

ただ、当時のレンジ戦略はあまりにも複雑でリスクが高いものでした。

( 回数限定ではありますが、ナンピンをしていたので )

 

それを公開するには危険すぎました。

そこで、

よりシンプルで結果を出しやすいトレンド戦略の V_system から公開させていただきました。

 

ただ、どうしてもトレンド戦略だけでは片手落ちの感は否めませんでした。

ひたすら試行錯誤を続けて、やっとシンプルにできるヒントが見つかったのが

3 月末でした。

 

きっかけは、プログラマーさんが、V_system のロジックを半自動売買システムにした、 BreakEA 購入者さんの特典につけてくださった、自作のEAでした。

 

そのEAのシステムを教えていただいた時に、

そうか!

レンジの時、この方法を使うことができれば

よりシンプルにできるかもしれない・・・

 

 

そうして完成したのがこの、レンジ戦略になります。

 

もちろん、今後も、どんどん改良を続けていきます。

 

 

レンジ戦略とは

 

キャプチャ画像をご覧ください。

上のチャートが EURUSD で、下のチャートが GBPJPY です。

 

 

これまでの V_system と比べて、水平線の間隔が狭いことに気が付かれたと思います。

 

まず、この水平線が大きな特徴です。

基本は、V_system のようにチャートを見ながらタイミングを見計らってエントリーするのではなく、

事前に注文を入れておきます。

利確レートと損切レートも同時に注文する、IFOCO(イフダンオーシーオー)注文になります。

 

つまり、事前に注文を入れておけば

エントリーしたいタイミングにチャートを見ていなくても

勝手にエントリーして利確までしてくれる(もちろん損切の場合もあります)ということです。

 

もちろん、時々チャートをチェックする必要があります。

 

特に、ブレイクアウトラインに一番近いポジションは

ラインを超えた後に注文を出すほうが、より勝率が上がります。

 

 

では、どうやってレンジとトレンドの判断をするんですか?

 

そんな疑問が、当然浮かんできますよね。

 

レンジとトレンドの判断についての一番のポイントはブレイクアウトラインです。

 

どの位置にブレイクアウトラインを引くか。

これがチャート攻略の最大のポイントと言っても過言ではありません。

 

これまでの V_system では、シンプルにルールに従うことをメインにお伝えしてきましたので

裁量を徹底的に排除してきました。

 

 

ただ、たった一つ、この、ブレイクアウトラインの引き方、

これだけは、しっかりと数稽古をして自分の裁量で引けるようになっていただきたい。

 

 

これだけはどうしても外すことができません。

 

というか、これさえできれば

 

あとは何も必要ありません。

 

レンジとトレンドを明確に仕分けをして、

自分でブレイクアウトラインを引けるようになるまでには、

もちろん、トレーニングが必要です。

 

何度も何度もご自身でチャートにラインを引くことで

見た瞬間にラインの位置がわかるようになります。

 

 

でも、本当にこのラインで大丈夫だろうか?

最初は誰でもそう思います。

 

もちろん、私もそうでした。

 

そんな時、答え合わせを出来れば嬉しいなあ、

と、いつも思っていました。

 

 

そこで、始めたのが朝のブログへの投稿です。

 

毎朝8時に、私が、自分でチャートにラインを引くところを

動画でブログにアップする。

 

皆さんは、その動画を見ていただいて、答え合わせをしていただく。

 

いかがでしょう?

 

 

これならラインを引くというスキルを

日々、トレーニングして自分のものにしていくことが

より、短期間でできるようになると思いませんか?

 

もちろん、ブレイクアウトラインに正解、というものはないので

私が引くラインが100%機能する、とは言えません。

 

ただ、何を根拠にラインを引いているのか、

ということを見ていただくだけでも必ず得るものはあります。

 

できるだけ機能するラインを引くスキルは、

これから相場で継続的に利益を得続けるためには

どうしても避けては通れない道です。

 

共に日々のチャートを見ていきましょう。

 

毎日、チャートを見るのが楽しくなりますよ。

( 5 月からすでに 4 ヶ月、朝のブログは投稿していますのでご覧になっていただいている方も多いと思います )

 

これまでの V_system とレンジ戦略、どんな感じで使っていくの?

 

では、このレンジ戦略、これまでのトレンド戦略の V_system と

どんな感じで使っていけばいいの?

 

というご質問が聞こえてきそうですので、

そこをお話させていただきますね。

 

5 月 9 日から 10 日にかけての USDJPY のチャートです。

 

 

 

 

 

 

下の 4 本のピンクのラインがレンジです。

 

その後、トレンドになったので、これまでの V_system のルールでエントリーしました。

そのトレンド終了後、上の 4 本のピンクのラインでレンジになりました。

 

このように、レンジとトレンドが必ず相場にはあるので、

それぞれに対応する手法を使えばいいだけです。

 

最初のレンジでは少しマイナスですが、トレンドでプラスになっています。

 

その後のレンジでは、こんな感じです。

 

 

 

必要経費としてのマイナスを出しながら、

レンジでは小さな利益を積み重ね、トレンドではこれまでと同じように

徹底的に利益を伸ばす。

 

レンジ戦略とトレンド戦略を組み合わせることで、

このようなトレードが可能になります。

 

実際にどのような順序で逆張りのエントリーをしていくか、

動画を取りましたのでご覧ください。

( 実はこれ、すでにマニュアルとして購入者サイトにアップした動画です^ ^ )

 

色々なパターンの時のトレード動画をこれからもアップしていきますので

まずは基本ということでご覧ください。

 

 

※ 動画の中で出て来る BreakEA はメンバーさんに有料販売していたトレンド戦略に特化した半自動売買システムになります。現在、レンジ戦略を取り入れた BreakEA Pro へバージョンアップしておりますが、改良中で販売は停止しております。

 

 

もちろん、この V_system Pro にも弱点はあります。

トレンドが小さなダマシで終わった時には、レンジからトレンドに変わる時のレンジのポジションと、トレンドのポジションが連続でロスカットになることがあります。

このように損失が大きくなる場合の最大ドローダウンを計算した上で、資金管理をしていく必要があります。

 

また、ポジションメイクにしても、小さく利益は確保する一方で伸びる時にはできるだけ伸ばすという、V_system の思想の継承もしていますので分割決済を取り入れて収益曲線ができるだけなだらかになるようにしています。

 

あらゆる相場に対応していきながら、必要経費としての損失を計上しつつ、利益を少しづつ積み上げていくという、まさに Pro 仕様にこだわって作り上げました。

 

 

超現実的な 1 日 5pips の勝ち逃げ戦略

 

レンジ戦略のとっておきの使い方を最後にお伝えしますね。

 

この、レンジ戦略、レンジが続けば連勝する可能性が大きいです。

 

 

ただ、この連勝を望んではいけません。

レンジからトレンドに変わる時に損失が出るので、欲を出してはいけないのです。

そこで、提案したいのが超現実的な、1 日 5pips の勝ち逃げ戦略です。

 

1 日中、チャートに張り付く必要はありません。

私の毎朝の動画をご覧になって、レンジとトレンドの切り分けができるようになると、レンジの勝ちパターンのチャートがわかるようになります。

勝ちパターンのレンジを選ぶだけなら、複数の通貨ペアを監視することはそれほど大変ではありません。

 

これまで様々な手法に取り組んできましたが、もしかしたら、これが最強かもしれない、とまで感じ始めています。

 

FX に取り組む最大の利点は複利です。

 

私たちの脳は、この複利という現実をまだまだ素直に受け入れることができていません。

もし、5pips の勝ち逃げで複利で増やしていくとしたらどうなるか。興味がある人は計算してみてください。

 

他に何も要らない可能性がある、ということに気がつくはずです。

 

月間、何百pips に夢を描いている人には申し訳ありませんが、ドローダウンが小さくて複利でロットさえ大きくできれば月間 100pips で十分かもしれない、と感じると思います。

 

ご参考までに。

『 FX の小鬼たち 』という本に、フーサイン・ハーネカーと言う人へのインタビューが掲載されています。

彼は、ひたすら 1 日 10pips を取っていくことを頑なに守って無一文からミリオネアになっています。

 

 

このレンジの指値注文って、MT4ではとても面倒ですよね?

 

そんな声が聞こえてきそうなので、

ちょっとだけ説明させていただくと・・・

 

実は、すでに、このエントリーをするためだけのツールは、

プログラマーさんにお願いして完成しています。

 

なんと、ロングとショート、6 ポジションまでの

合計 12 ポジションをあっという間に注文してくれます。

 

もちろん、リスクを考えると一度にこんなにたくさんの注文を入れる必要はありません。

 

 

そして、もう一つ、

指標前など、一気に注文をキャンセルしたい時も

ショートカットキーを使うだけでできてしまうツールもすでに完成しています。

 

相変わらず、仕事が早すぎるプログラマーさんに

ただ、感謝です。

 

もちろん、これらのツールは皆さんにも使っていただけるようにお付けします。

 

 

動画を取ることができましたので、

エントリーツールとキャンセルツール、使っているところをご覧ください。

( これも、メンバーさんなのでマニュアル動画、そのままを公開させていただきますね^ ^ )

 

 

 

かゆいところに手が届く、使ったら手放せなくなるインジケーター 3 つ

 

サブツールとして、オリジナルインジケーターを 3 つ、セットでお付けします。

私のブログの動画をご覧になっている方にはおなじみだと思います。

 

一つ目は、水平線を等間隔で引くことができる GridDisplay というインジケーター。

このインジケーター、実は私の 7 年来の夢を実現させてくれた便利ツールなんです。

レンジ戦略を使い始めた頃から等間隔の水平線はずっと使っているのですが、時間足を長期のものにすると、どうしてもラインが密集してチャートが見づらくなります。だからといって、いちいちインジケーターを削除してセットし直すわけにもいかない・・・

 

長期足での環境認識は、トレーダーにとっては必須ですから、このラインがボタンひとつでオン、オフができたらいいなあ、と、ボソリと(でも、かなりの期待感を持って^ ^)プログラマーさんに話してみたんですね。

それが実現してしまったのが、 GridDisplay なんです。(下記の 2 つの画像を比べてみてください)

 

そして、もう一つ。

こちらは、レートを表示させるインジケーター。

私はレートを表示させるシンプルなインジケーターが欲しい、とだけお伝えしたのですが、「Ask、Bid、Spread の表示も入れてみました。余計なお世話かもしれませんが、表示させないようにもできるので」との言葉が添えられて出来上がってきたのが PriceDisplay 。

もちろん、表示する場所や、フォントの大きさと種類の設定も可能です。

朝方や、指標発表時のスプレッドが広がる時にはとても重宝します。

 

プログラマーさんの余計なお世話に、感謝です。

 

5pips 幅の水平線を表示させた状態で 4 時間足にした状態

 

GuridDisplay をOFFにした状態

 

そして、最近ラインナップに加わったばかりの OrderDisplay 。

自分が今持っているオープンポジション、そして指値、逆指値ポジションの数と位置がひと目でわかります。

通常だと、MT4 では赤と緑の一点鎖線で表示されるのでわかるのですが、レンジ戦略では GridDisplay に重なって見えなくなります。

そこで、どの位置にどのようなオーダーがあるのかを一瞬でわかる OrderDisplay が重宝します。

 

 

 

V_system Pro のポジションメイクと取引履歴詳細

 

ブログやメンバーサイトでも公開していますが、V_system Pro のまとめとしてポジションメイクと取引履歴詳細について、こちらにも掲載しておきますね。

 

2017.06.16 USD/JPY ポジションメイク

 

2017.05~06 V_system Pro USD/JPY 検証データ

 

 

2017.06 USDJPY 取引履歴

 

V_system のポジションメイクと取引履歴詳細:説明動画

 

 

トレンドで小さく利益を積み重ねる手法を、特別特典でお付けします

 

 

もしかしたら、これが最も重宝する・・・

そんな方も多いかもしれません。

 

今後、単独教材として販売する可能性があるトレンドキャッチ

V_system Pro 販売記念として特別特典にお付けします。

 

5 月 8 日~ 12 日のGBPJPY、1週間のチャートをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

面白そうでしょ?

 

トレドキャッチと名付けたこの手法、

初心者さんの導入用教材として作りました。

 

テンプレートやサポートも全く付けないで

FXで勝つという小さな成功体験を積み重ねていただくために

ロジックだけ公開する予定で作ったものです。

 

これを、V_system Pro の特別特典になるように仕上げました。

 

もちろん、特別特典としてお渡しするからには、

より使いやすくするよう試行錯誤してきました。

 

いつものようにプログラマーさんに無理なお願いをしました^ ^

 

こんな感じです。

 

MAタッチが一つのタイミングを図るサインになるので、

その時にアラートが鳴って、エントリーするレートがわかるような

ツールを作ることができないかなあ。

 

その後、IFOCO 注文が瞬時にできれば嬉しいなあ。

 

と、そんなことをお伝えしました・・・

 

そして、まさに思っていた通りのツールが(というか、思っていた以上の)出来上がってしまいました^ ^

 

この画像を見てください。

 

 

ちょっと画質が悪い感じがしますよね。

実は、自動で MT4 に保存された画像なんです。

 

どういうことかというと、エントリー条件が揃った時にアラートで通知をしてくれるアラートツールですが、その瞬間のキャプチャ画像を自動で録画して保存してくれているんです。

枚数が多くなると、データ量が増えるので小さめの画像にしておくと容量も小さくなって安心です。

 

もちろん、使いたくない人は false にすれば使わないようにできます。

 

これは、プログラマーさんが入れてくださったんですが、検証時には非常に重宝する機能です。

 

もちろん、上の画像を見ていただいてわかるように、エントリーツールに設定するレートも表示されます。

この機能をお願いした時に、チャートの右側の数字を読み取ればいいですよね、

とツッコミを入れられてしまったのですが (笑)

私くらいの年齢になってくると意味がわかります^ ^

 

チャートの右側の数字は小さくて読みづらい・・・(笑)

 

そこで、このライン上の数字が必要になる、ということです。

もちろんフォントの大きさは自由に設定が可能です。

 

この、トレンドキャッチのロジックはトレンド戦略の王道、押し目買い、戻り売りになります。

実は最近のバージョンアップでより優位な位置でのエントリーができるようにするため、ラインを 2 本出すように変更しています。

 

半自動売買ツールへの進化(別途有料での販売予定)も見据えて開発を続けています。

 

それから、7 月の V_system の各ツールのバージョンアップ時に取り入れた、任意の音声を設定できるアラートも搭載しています。

これで、複数の通貨ペアを同時に監視することが楽になりますね。

設定さえしてしまえば、「ドル円セット!」とか、「ポンド円逆指値セットだよ」といった言葉で、どの通貨ペアにエントリーチャンスが来たのか瞬時にわかります^ ^

 

これは、かなり革命的なことだと私は感じているのですが、いかがでしょう?

 

 

V_system Pro としてお届けするコンテンツ内容です

 

■ トレンド戦略

 

・MT4テンプレート、インジケーター

 ( メンバーサイトからダウンロード )

 

・メンバーサイトでのコンテンツ、動画( サイト90 ページ、動画 7 時間 55 分 )

 各インジケーターの説明

 V_system ルールブック
 3 段階トレーニング

 為替相場における順張りと逆張りの投資観

 トレンドとレンジの切り分け 

 資金管理
 メンタル
 トレード日誌の書き方

 

・サインツール

 ( メンバーサイトからダウンロード )

 エントリー、決済のタイミングをサインで教えてくれるツールです。

 ただし、このツールは、あくまでもトレーニングをしてロジックを理解できた人が使うための

 補助ツールです。

 何もわからない人が、ツールのサインどおりに取引するためのものではない、

 ということをご了承ください。

 

・決済自動化 EA

 ( メンバーサイトからダウンロード )

 エントリーは手動で行いますが、決済だけおまかせできる EA になります。

 このツールを使うことで、夜、エントリーした場合、決済するまで寝ることができない、

 ということがなくなります。

 

■ レンジ戦略

 

・MT4テンプレート、インジケーター

 ( メンバーサイトからダウンロード )

 オリジナルインジケーター( GridDisply、PriceDisplay、OrderDisplay )

 

・エントリー、キャンセルツール

 ( メンバーサイトからダウンロード )

 エントリーツール( PlaceOrders )

 指値、逆指値注文一括キャンセルツール( CancelOrders )

 

・メンバーサイトでのコンテンツ、動画( サイト 11 ページ、動画 2 時間 24 分 )

 テンプレート・インジケーターの設定

 エントリー、キャンセルツールの設定と使い方

 レンジ戦略、基本ロジックの説明

 V_system Pro の全体像とトレーニング方法

 レンジ戦略とトレンド戦略のヘッジ思考

 分割決済の説明

 

 

■ メールでの質問回数無制限( 6ヶ月間:それ以降も私が元気な間は対応させていただきます )

 

■ 特設メンバーサイト参加権

 補足コンテンツや Q&Aなどの最新情報をアップしていきます。

 

■ 特別特典

 ・トレンドキャッチ

 手法のマニュアル( メンバーサイトにアップ )

 エントリーアラートツール( メンバーサイトからダウンロード )

 エントリーツール( レンジ戦略のエントリーツールと併用 )

 ※ トレンドキャッチ EA は特典には含まれません。

 

 ・スカイプ 2 回( 60 分x2回 )無料(6ヶ月間)

 スカイプのタイミングはいつでも大丈夫です。
 全くの初心者の場合は、最初にスカイプをつないで取引のためのデモ口座の設定などを
 終わらせることも可能です。

 ※ スカイプの内容は、ツールや手法の使用方法に限定したサポートになります。

 投資助言行為は行っておりません。ご了承ください。

 

 

金額をお伝えします

 

今の時代、車の免許を取るだけでも格安のプランで 20 万円前後します。

 

あなたが自立していくためのスキルへの投資金額として、いくら位が妥当でしょうか?

 

今回、148,000円で提供させていただきます。

( 金額はすべて税込みです )

 

メンバーサポート、ブログでの活動に集中するため、今回の販売は 10 月 31 日で終了します。

 

お支払い方法は、銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済、ちょコムeマネー、BitCashに対応しております。

クレジットカードは分割もご選択いただけます。分割には別途手数料がかかります。

 3 回分割 49,333円(税込)✕ 3 回 
 6 回分割 24,667円(税込)✕ 6 回
10 回分割 14,800円(税込)✕ 10 回 
24 回分割   6,167円(税込)✕ 24 回 

 

申込みはこちら

 

 商品のダウンロードについて

当商品はダウンロード教材です。クレジットカードでお申し込みの場合、決済完了後、すぐにインフォトップの購入者マイページよりご案内PDFをダウンロードできるようになります。銀行振り込み、コンビニ決済などその他決済方法の場合、インフォトップより決済に関するお知らせメールが届きます。そのメールに従い、14日以内にご入金ください。インフォトップでの入金確認後、ご案内PDFダウンロード可能となります。ご案内PDFに沿って会員サイトにご登録頂き、そちらからソフトをダウンロードしてください。

 24回分割払いについて

  • クレジットカード分割払いはVISAかMASTERカードのみの取り扱いです。
  • ご利用限度額をお確かめ下さい。商品金額以上の限度額がないと購入できません。
  • クレジットカードによりご利用回数が異なります。予めご利用回数をお確かめ下さい。
  • VISAデビットカードは分割決済をご利用いただけません。
  • 分割払いの回数により別途分割手数料がかかります。
  • (分割手数料についてはご利用のクレジットカード会社にお問い合わせ下さい)

  動作確認環境

  • 対応OS:Microsoft Windows XP・7・8・10
  • CPU:Pentium1GHz以上を推奨
  • ハードディスク:500MB以上のハードディスク空き容量

 投資に係るリスクおよび手数料について

当教材は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。FX(外国為替証拠金取引)は価格変動リスクや、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また証拠金を上回る取引を行うことが可能ですので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。FX(外国為替証拠金取引)には取引業者の売買手数料がかかります。当教材の効果には個人差があります。この教材を参考にした金融商品などへの投資にはリスクが伴う事をご理解の上、自己責任でお願いいたします。

 

 

 

裁量トレードで結果を出せない人の原因の本質は?

 

裁量トレーダーが陥りやすい罠はたくさんありますが、
その中でも最大の敵は、含み益、含み損を表す「数字」です。

 

デモトレードなら勝てるのに、実際にお金が絡んでくるライブトレードだと
勝てないという人がたくさんいます。

 

お金が絡んでくるから冷静な判断ができなくなる、と言われますが
原因の本質はそこではありません。

 

実は、含み益、含み損、という現実ではない数字
メンタルを狂わせている原因の本質です。

 

ポジションを保有中に表示される数字は、あくまでもその時点で決済すれば得られる利益
であって、実際に自分が獲得した利益ではありません。

 

それを、脳は勘違いします。

 

もし、自分の利益ではないことを本当に分かっているのなら、
その数字が小さくなっても別に悔しがる必要はないはずです。

 

自分の利益が減ったわけではないですから。

 

しかし、私たちは「あの時に決済していればあんなに利益があったのに・・・」
という感情に支配されて、含み益が減り始めても簡単には利益確定することができません。

 

そのうち含み益がなくなり、含み損になったとしてもすぐに決済できないのです。

 

「あの時の現実ではない利益」を忘れることができないので
「また戻してあの利益に近づくかもしれない」という脳が作り出した妄想を
期待感だけで信じ込んで損失を大きくしていきます。

 

では、これを克服するにはどうすれば良いのでしょう?

 

答えはシンプルです。

 

含み損、含み益を見ないようにする。

 

それだけです。

 

ロット数を気にしないでトレードをできるようにしていくために、
金額を見ないで、pips 数だけを見るように、ということを言っている人もいます。

 

しかし、私がお伝えしたい本質はそこではありません。

ですから、pips 数すら見ないようにするのです。

 

「レンジになるまで待って決済したら、結果として 100pips 伸びていた」

と、あとで数字に気がつくようなトレードをして下さい、
と言っているのです。

 

自分にとって意味のない幻想の数字に惑わされてはいけません。

トレード中に見なければならないのは、
今、目の前に存在しているチャートだけです。

 

それだけが事実だからです。

 

あとは決済条件が確定するのを待つだけです。

 

あくまでも結果として、数字がついてくるだけのお話です。

 

ですから、毎回のトレードではストップの設定はしますが
ターゲットの設定やリミットの設定をすることはありません。

 

逆張りでは私もターゲット、リミットの設定を明確にしますが
順張りでそれをしてしまうと、勝手に利益の限界を作ってしまうことになります。

 

それは、順張りトレードにとってマイナス以外の何物でもありません。

 

伸ばせる時には徹底的に利を伸ばす。

 

それができないと順張りでの成功はあり得ません。

 

 

トレードの本質

 

あなたにとって、トレードって何ですか?

なぜ、トレードをしていますか?

もし、即答できないようなら、まずここから始めましょう。

 

これが明確にならない限り、投資を継続することは不可能です。

 

 

トレードの目的を明確にする。

そして、その目的を達成するための方法を模索する。

 

その答えの 1 つが V_system です。

 

 

私の友人に、カナダへ留学したいという高校生の息子を持つ父親がいます。

 

彼は息子に、「大学の学費ぐらい自分で稼げ」
と言ってFXを教えています。

 

これも、ひとつのトレード実践の形です。

 

 

さて、突然ですが、

あなたは 1000 万通貨をためらいなく打ち込むことができますか?

 

自己資金が少なくて、そんなことはとても無理、という方も
イメージだけでもできますか?

 

1000 通貨ならできるのに、1000 万通貨だと躊躇してしまうとしたら、
それはなぜでしょう?

 

1000 通貨の取引だと、10 pips 動いた時に、自分の懐に影響してくるのは ±100 円です。

それが、1000 万通貨だと、±100 万円になります。

 

これらのどちらの通貨数でも同じストレスでトレードをすること。

 

規律を持ったトレードとはそういうものです。

 

これがトレードを実践する大きな目的です。

 

同じ労力だけれど、ロットを上げることで利益を増やす。

 

それを実現するには少しづつ複利でまわしていける安定したトレードが不可欠です。

 

そのための道具が、この V_system です。

 

 

もう一度、「捨てる」トレード

 

もしかしたら、私のように勝手に相場を複雑にしていた人が
この V_system Pro を手にしても、結果を出すのには時間がかかるかもしれません。

 

それは、これまで身につけてしまった情報が邪魔をするからです。

 

以前の私のトレード日誌を少しお見せしましょう。
( あくまでも自分用なので走り書きで申し訳ありません )

 

 

 

 

※ 赤文字が 1 日のトレードを終えた後の結果です。

 

このように、毎日手書きでチャートを書いていき、様々なファンダメンタルズ情報を仕入れていました。

 

これらの作業は、私なりの体で覚える、という重要なトレーニングだったので

相場観を養っていくには非常に有効でした。

 

ただ、必要がない情報もたくさんあったことも事実です。

私は、アナリストを目指していたわけではなくて

ただ、相場で利益を得続けたかっただけなのです。

 

そこで、不必要な情報を捨てるということを始めました。

 

ところが、

脳は簡単には情報を書き換えることをしてくれません。

 

生存を最優先する人間の脳は、
隅々まで目の前の状況を把握してその都度判断していたのでは
状況判断に時間がかかってしまって命を落とす危険性があるため、
過去の情報で今の状況を判断してしまうシステムが出来上がっているためです。

 

いくら目の前のチャートがまだまだレンジだよ、
と教えてくれていても、過去の間違った情報で処理してしまうため
それが見えないのです。

 

トレンドだと思ってあわててエントリーして
ダマシにひっかかってしまう経験は誰でもあるかと思いますが
それは、あなたが悪いわけではありません。

 

目の前のチャートで起きている事実を、
これまで蓄積されてしまった間違った情報が邪魔をして
あなたの脳が事実として素直に捉えることができないだけです。

 

だからこそ、新たな情報を脳に上書きするため、
頭ではなく身体で強烈に体感するトレーニングと検証が重要になるのです。

 

 

「 実は、相場はこんなにシンプルで、

当たり前のように勝ててしまうんだ 」

 

 

マイケル・フェルプスのように、いつも通りにやっていれば勝つことは当然・・・

 

同じことを、あなたの脳にも刻んで下さい。

 

その確信を、簡単なデモトレーニングと検証で積み上げていって下さい。

 

 

物理学者であり、希代のコンサルタントだったエリヤフ・ゴールドラット博士は

 

「どんなに複雑に見える状況も、実は極めてシンプルである」

「自然は極めてシンプルで、自らと調和している」

 

そう言っています。

 

チャートは人の心理の集合体であって、自然そのものです。

 

とてもシンプルで、何も複雑なことはありません。

 

もし、自分が抱えてしまったチャートへの先入観を捨てることが難しいと感じた方は、
いさぎよく自分でトレードするのをあきらめて
先入観が何もない、子供さんか奥さんにやってもらという選択肢もあります。

 

小学生くらいのお子さんがいれば、「ゲームで遊ぶアルバイト」をしてもらえばいいだけです(笑)

 

あなたがやるより、結果は良いかもしれません。

 

どうしても自分でやるしかない状況のあなたは、まず、

 

 

捨てること。

 

今までの自分を「ぶっ壊す」こと。

 

 

ここから始めてください。

 

そうしないと、今までと同じ結果を繰り返す可能性が大きいです。

 

 

もう一度お伝えします。

 

チャートはとてもシンプルです。

 

トレンドかレンジか、その二つしかありません。

 

今のレートが、この先上がるのか、それとも下がるのか、
そんなことを気にするために有限で貴重な、あなたの意志力を使うのは
本当にもったいない。

 

 

今がレンジならトレンドを待つ。

 

今がトレンドでポジションを持っているのなら
次はレンジになることを意識する。

 

その二点にだけ、最低限の意志力を使って、
燃費の良いトレードを、淡々と遂行していきましょう。

 

 

事実はとてもシンプルです。

 

 

条件確定でのエントリーとエグジットを繰り返す。

 

裁量だけのトレードではあらゆるメンタルが邪魔をして
最後までポジションを持ち続けることは非常に難しいです。

 

だからこそ、規律を持ったルールが必要になります。

 

 

メンバーさんとこんなやりとりをしています

 

※ 掲載している内容はあくまでも個人の感想です。

 

お世話になります。

2日前より、Vシステムの練習をしているFです。

 

このたびはありがとうございました。

 

ルールも基本の2つ目までを見て、エントリーしているのですが
思った以上に簡単というか、シンプルでやりやすいです。

 

ところで件名にも入れましたが、指標時の時のトレードは気にしなくてもいいものなのでしょうか。

それとも、「〇〇〇はいいけど、×××のような指標は静観しておく」みたいなものはあるのでしょうか。

 

先ほど、GBPUSDが、がくんと下がり、
まだ決済ランプがついていないので含み損を抱えている状態なのですが、こういうのも
ルール通りに「ただ待つ」をしていればいいものなのか、指標だから早めの決済をしたほうがよいのか
それとも、損切とかを設定しておくというのもあるのでしょうか。

 

この辺りを教えていただけると嬉しいです。

 

Vシステムのルールでは、損切とかがないので(あるのかもしれませんが、まだ見ていないです・・・)
どうすればいいのでしょうか。

 

宜しくお願い致します。

 

……………………………………………………………………

 

Fさん

 

こんばんは。

Do.です。

 

ご質問ありがとうございます。

 

まずは、教材、V_systemルールブックをよくお読みいただければと思います。

指標時の対応については、そちらに書いておりますのでご参照ください。

 

それよりも気になるのは、以下の部分です。

>先ほど、GBPUSDが、がくんと下がり、
>まだ決済ランプがついていないので含み損を抱えている状態なのですが、こういうのも
>ルール通りに「ただ待つ」をしていればいいものなのか、指標だから早めの決済をしたほうがよいのか
>それとも、損切とかを設定しておくというのもあるのでしょうか。

 

現状では、GBPUSDで基本ルール通りだと午後7時半くらいにショートエントリーのサインが出ていて
持っているポジションはショートポジションのはずですが。

含み損ということは、ロングポジションを持っているということでしょうか?

 

このようなご質問をいただく時は、状況を把握できないので
必ずキャプチャ画像を添付してください。

 

Fさんの状況を正確に把握できないと、
正確なお返事を出来無いのでよろしくお願いします。

 

>Vシステムのルールでは、損切とかがないので(あるのかもしれませんが、まだ見ていないです・・・)
>どうすればいいのでしょうか

 

V_systemのルールでも、損切りはありますよ。
ルールブックをよく読まれてください。

 

もしかしたら、大きな勘違いをされている可能性もありますので
キャプチャ画像を送っていただけますか?

 

現状ではGBPUSDは下げてきていますので、
利益がどんどんのっている状態が本来です。

 

よろしくお願いします。

 

感謝

 

……………………………………………………………………

 

Do.さんお返事ありがとうございます、Fです。

 

ルールブック、下までちゃんと読めていませんでした。

 

損切、エグジットルール、実践させていただきます。

 

また、今回私のエントリールールが間違っているかもしれないとのご指摘をいただきまして
確認してみました。

 

画像は、先ほど空いた時間でエントリーしたものです。

 

買いは、青のMTFランプが3つ以上
下のVQ?の色が緑の時
雲を抜けているとき

エグジットは
雲についたとき
MTFランプが逆の色 つまり赤に3つ以上なったとき

 

※指標時にポジションを持っていたら、、、
 含み益を抱えていた場合は現時点からプラス25pipsでエグジット、
 または5分前には利益確定をする

 損切の場合は?

 

売りは、赤のMTFランプが3つ以上
下のVQの色が赤の時
雲を抜けているとき

エグジットは
雲についたときに
MTFランプが逆の色 青に3つ以上なったとき

で合っていますでしょうか?

 

……………………………………………………………………

 

Fさん

 

こんにちは。

Do.です。

買いの判断、売りの判断、エグジットの判断は問題無いです。

ひとつ気になったことがあります。

 

エントリーのタイミングはどうされていますか?

例えば、
>買いは、青のMTFランプが3つ以上
>下のVQ?の色が緑の時
>雲を抜けているとき

はいつでもロングエントリーをしても良いということではありません。

 

今回頂いた画像、2枚ありますが
2枚とも黄色の矢印のタイミングでエントリーしていますか?

もしそうだとしたら、それは、間違いになります。

 

エントリーのタイミングというのは、すべてが揃ったその次の5分足の頭です。
意味わかりますか?

 

頂いた画像は2つとも最後の条件がそろうのが一番下のVQですよね。

それを待って、すべての条件が揃った次の足の頭がエントリータイミングです。

 

今回の、黄色い矢印のように、
すでにそのタイミングを過ぎてしまっていたら、
基本的にエントリーはしません。

 

次のタイミングまで待ちます。

 

このように、エントリーはいつでもしていいものではありませんので
勘違いなさらないようにお願い致します。

 

後、指標時の対応です。

>※指標時にポジションを持っていたら、、、
> 含み益を抱えていた場合は現時点からプラス25pipsでエグジット、
> または5分前には利益確定をする

 

指標時の対応のお話の中で、
プラス25pipsでエグジットとお話をしていましたか?

 

私もどこかの動画でお話をしていたらごめんなさい。

指標時の対応は、もう一度、ルールブックをご覧ください。

もし、25pipsのことを、どこかの指標の話で言っているようでしたら、
どの動画で言っていたか教えていただければありがたいです。

 

間違っているようでしたら訂正致します。

 

それから、大型指標の前に含み損を抱えていたら、
基本的に、その時点でエグジットして損を確定します。

どちらに動くかわからないので、逃げたほうが安全です。

以上になります。

 

よろしくお願いいたします。

 

感謝

 

……………………………………………………………………

 

お返事ありがとうございます。Fです。

 

エントリーのタイミング・・・なるほどです。

私は、いつもパソコンを見ることができず
合間合間にちょこちょこは見れるのですが

その時のタイミングで、条件がそろっている状態でしたらエントリーしていました。

 

「今、条件がそろった!」というときにエントリーではなくて
条件がそろっている状態で、です。

 

つまり、今から上がるっていうタイミングではなくて
最悪、もう上がってしまっている状態でのエントリーだったりします。

 

Do.さんが教えてくれたタイミングでエントリーするとなると
なかなかエントリータイミングはなさそうです。

 

この回避、というかコツや、他の方々はどうされているとかはあるのでしょうか。

 

また25pipsの件ですが
私の解釈の勘違いかもしれません。

 

ルールブックのP15に
「含み益が伸びた時のエグジットルール
・50pips以上含み益が出たら+25pipsのレートへストップを移動する。」
と書いてありました。

 

pipsがどれだけなのか、まだ慣れていないので
自分がどれほど含み益を抱えているのかは、まだ今後の課題ですが。

 

ストップロス?をかけるときの目安、という意味でしょうか

・・・・本当、まだ初めて間もないので
損切設定や利益確定設定?の仕方も
これから検索して、っていう段階なのでまだ実際には経験していないので
話にならないですね^^;

 

いつもお返事が早く、そして的確で驚いています。

 

……………………………………………………………………

 

Fさん

Do.です。

 

お返事いただきありがとうございます。

 

私のお伝えしたかったことが
伝わったようで良かったです。

 

>今から上がるっていうタイミングではなくて
>最悪、もう上がってしまっている状態でのエントリーだったりします

 

そうですね。
こういうことがあるので、基本は条件が揃った時に
エントリーする、という形にしています。

 

もちろん、先ほどFさんが持ったポジションは、
今は利益が乗ってきていると思うので、
後からエントリーしても良い場合もあります。

 

ですから、これは慣れてきてからでいいのですが、
すべての条件が揃った後だとしても
また、その時のレート(価格)まで戻ってきたら、
エントリーしてもOK、というルールを決める、
ということも、ありです。

 

いい加減にするのではなく、
すべてルールを決めて、そのルールに従って取引をする、
ということが大切です。

 

>Do.さんが教えてくれたタイミングでエントリーするとなると
>なかなかエントリータイミングはなさそうです。
>この回避、というかコツや、他の方々はどうされているとかはあるのでしょうか。

 

みなさん、それぞれ、いろいろな工夫をされています。

以前ご紹介した、デュアルOSのウインドウズ10で
MT4を見ることが出来るタブレットを使って、
キッチンや居間で用事がある時は、それを持っていく、とか。

 

それから、今月後半には、
エントリータイミングを知らせてくれるサインツールもご紹介させて頂きます。

条件が揃った時に、エントリーサインが鳴ります。

 

パソコンの音量を大きくしておけば
その音が聞こえる範囲にいれば、エントリーするタイミングを逃さなくなります。

 

>ルールブックのP15に
>「含み益が伸びた時のエグジットルール
>・50pips以上含み益が出たら+25pipsのレートへストップを移動する。」
>と書いてありました。

 

そうですね。

これは指標の時ではなく、通常の取引の時の話です。

 

最初は、わからないことばかりだと思いますが、
デモ口座でやれば、いくら失敗しても問題ないので
いろいろやってみてください。

 

また、ストップロスなど基本的な言葉で
わからないことがあったら、検索して調べてみてくださいね。

 

あせることはありません。

相場は逃げて行きませんし、
V_system は、今しか使えない手法でもありません。

 

ゆっくり、じっくり取り組んでいっても大丈夫です。

必ず結果がでますのでとにかく継続していきましょう。

 

間違っていないトレーニングを続けていけば、
必ず上達しますので安心して取り組んでください。

 

また、何かありましたらご質問くださいね。

 

……………………………………………………………………

Do.さま、お返事ありがとうございました。

Fです。

 

本当ですね。焦らず、じっくり練習を重ねます。
取り合えず、今月はデモでしっかりと自分のルールを確立したいと思います。

またサインツールも楽しみにしています。

 

また何か分からなくなったり
トレードに不安などでてきましたら、
質問させていただきます。

 

この度は丁寧に何度もありがとうございました。

 

 

 

今年の 2 月初めにはこんなやり取りをしていた、超初心者のFさん。

 

……………………………………………………………………

pipsがどれだけなのか、まだ慣れていないので

自分がどれほど含み益を抱えているのかは、まだ今後の課題ですが・・・

 

ストップロス?をかけるときの目安、という意味でしょうか
・・・・本当、まだ初めて間もないので
損切設定や利益確定設定?の仕方も
これから検索して、っていう段階なので

……………………………………………………………………

こんなことをおっしゃっていたのですが、3月のはじめにはこのような成果を送ってくださいました。

 

 

 

まだまだデモ口座でのトレーニング中ではありますが、

少しづつご自身のルールも見えてきたようで

この履歴には次のような文章を添えてくださいました。

……………………………………………………………………

ルールとしては朝パソコンを立ち上げて以降のエントリー
夜22時にはすべてを決済

 

MFTが4つ・VQ同じ色の時のみエントリー
エントリータイミングが遅かったとしても
トレンドに乗っている
流れを見てエントリーしているときもある

 

決済は雲タッチ
MFTが3つ変われば決済

含み益が結構出ていたらとりあえず決済して利益を確保し
様子を見て再エントリーすることも多々ある。

 

たいていそれで、マイナスになるので
再エントリーはしないようには心がけているが、まだできていない。

 

ちなみに先ほどGBPドル円がガクンと上がりました
エントリーしていたので、金額が大きくなり決済をしまして
再度エントリーしてしまうという癖でポチっと。

 

で今まだその再エントリーがプラスになっていません・・・
また上がると思うのですが(Vシステムでは上昇を示してます)
待てずに決済しちゃうか、このまま静観するか、と悩んでいるところです。

 

>決済自動化 EA は、パラメーターを変更しないで、そのまま使うと
>MTFVQ が逆方向に3つ揃った時にエグジットするように設定しています。

 

助かります。私はちょこちょこパソコンから目を離して
部屋に戻ってきたときには、・・・・って感じがよくあるので。
ありがとうございます。

……………………………………………………………………

 

一つ一つご自身の課題をクリアしていって、

結果もついてきていますので、今後のご報告が楽しみです。

 

 

先にご参加いただいたメンバーさんの感想です

 

※ 掲載している内容はあくまでも個人の感想です。

 

 

予想以上のシンプルさに驚愕しました。

 

これまで、システムトレードでうまくいかず・裁量トレードを身に着けようと取り組んできました。

裁量を学ぶ中で「トレードはルールで覚えようとするな」と刷り込まれてきたので、
かなり戸惑ってます。

 

「メンタルは強化できない、そう思っていたほうがいい。」

 

「迷いのない」 エントリー ポジション 損切り 利益確定

 

「メンタルを必要以上に求めない」「迷いのないこと」が これほどのものとは・・・

 

霧が晴れたような心境です。

 

机の上をすっきり 部屋をすっきり ほんとに 心がシンプルになった気がします。

 

これまで複雑にしてきたのは 自分だったのですね。

 

これからはいい意味 「楽しく」「気楽に」 検証そして練習していきたいと思います。

 

ありがとうございました。これからよろしくお願い致します。

 

 

 

 

……………………………………………………………………

Uさん

あこがれのポンド円でこんなに取れたの初めてかも!

……………………………………………………………………

 

Do. さん

 

vシステムデモで遊び中ですが、すごいですね。

あこがれのポンド円でこんなに取れたの初めてかもです。

まだまだ ついつい裁量入ってしまうんですが
ルール通りやるのが難しいですね。

ドテン忘れたりしています。
3つ揃うまで待てないです(泣)

 

とりあえず二週間続けます。

また良い報告ができるよう楽しんでみます♪
いやぁ。ポンド円で遊べる日が来るなんて
思いもよりませんでした。

本当にうれしいです。

 

ありがとうございます。

 

Uより

 

 

U さんが送ってくださった画像

 

 

……………………………………………………………………

RKさん

過去検証でMTFのすごさに遭遇!

……………………………………………………………………

 

Doさま

 

MTF ドテントレーニングを 1 分足で過去検証をやってみました。

1分足なら、エントリーチャンスが増えるかな、と思ったのですが、
よく考えたら、MTF のパラメーターを変えずにやったので、
エントリー、エグジットは、結局5分足でも同じでした。f^^;

 

それでも、ユーロドル、ポンド円の結果は
ともに大きくプラスで、V_system のスグレモノぶりを確認できました。

 

さらに、つい先ほどもポンド円で過去検証してみましたが、
MTF のすごさに遭遇したので、画像に取りました。

 

ロングポジション中に MTF サイン点灯、その後
1 分足でその数本先の足でザザザ―と下落です!

5 分足ならサイン点灯の次の足です。

 

同じ時間帯の「 画像 1 」が 1 分足、「 画像 2 」が 5 分足です。

茶色の縦線で、エグジット&エントリーです。

「画像 3」は、検証結果のエクセル表です。

 

表での結果も、素晴らしいです!

 

少しでもご参考になれば幸いです。

 

RK

 

……………………………………………………………………

 

Doさま

 

連日メールしてしまって、すみません。

 

きのうDoさまがアドバイスくださったように、
私のできそうな時間帯で(大体8時~15時)
で、MAエグジットルールで、検証してみました。

1月6日~今日13日の午後までで、208pips
も取れました。

夜はノーエントリーなのに、ですよ。
すごいですね。

マイナスが少なくて、取れるときはちゃんと取れる
というのが素晴らしいです。

 

検証もやりやすくて、スムーズにできています。

 

お陰様で、今回こそは実践まで行けそうな雰囲気です。

ほかの通貨でも試してみます。

 

まだ1日目なので、今後は分かりませんが、
良い感触でしたので、お伝えしたくなりました。

 

お忙しいところ、失礼しました。

 

またどうぞよろしくお願いします。

寒波が来ているそうですので、お身体大事になさってください。

 

RK

 

 

 

RK さんが送ってくださった画像

画像1

 

画像2

 

画像3

……………………………………………………………………

Tさん
ルールブックの感想です!

……………………………………………………………………

 

Do.さんお世話になります。

Tです。

 

昨日は、スカイプをありがとうございました。ルールブック完成したんですね!

さっそく見させていただきました。
動画とともに。

 

PDFだけではなく、動画があったのでより分かりやすく、
自分が認識していたことの確認ができてとっても良かったです。

昨日理解できなかった再エントリーも、おかげさまで分かったと思います。

 

MAでいったんエグジットした場合のことなのですね。(間違ってませんよね?)

雲のフィルターの見方ですが、5分足全体が雲から出ないと
エントリーできないと勘違いしていたので、5分足の終値が雲より出た場合
と分かり良かったです。(間違ってませんよね?^^;)

 

簡単ですが、ルールブックの感想です。

ありがとうございました。

 

お体にあまり無理のないよう、
引き続き、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

……………………………………………………………………

2017年1月と3月に開催の座談会に参加頂いたメンバーさんの感想です。

 

この座談会の目的は、私、Do.との懇親というより、
ツールを作ってくださっているプログラマーさんメインでの
交流の場という意味合いが大きいものでした。

 

今後もV_systemメンバーみなさまのために、
進化して少しでも結果を出しやすい環境をつくっていくことを
模索している中での座談会でした。

 

今回のような直接交流できる場は
私達にとってもとても貴重なお話をうかがえる場なので
どのような形になるかわかりませんが、
今後も開催していきたいと思っています。

 

……………………………………………………………………

Nさん

……………………………………………………………………

 

こんばんは。 Nです。

 

今日は大変有意義な時間をありがとうございました。

Doさん、プログラマーさんに実際に会う機会を作って下さり本当に嬉しかったです。

 

参加の皆さんもFXにかなり詳しいようでとても刺激的でした。

 

お話しましたように、私には4人の子供がいて、下のふたりは小学2年、3年なので
上の子が面倒を見られる日でないと遠出をすることができません。

今日の午後はたまたま部活がなかったため、長女が面倒を見てくれました。

 

Doさんがお土産をくださった時、「家族の方に」とおっしゃられましたよね。

あの時娘の顔が浮かびました。

私はいつでも簡単に遠出できるわけではないので、今日あの場に行くことができたのは
大袈裟ではなく「奇跡」なんです。

実際、昨日や来週だったら無理でした。

 

そして、参加することでDoさんやプログラマーさんの
私たちを思って下さる気持ちを強く感じることができました。

 

まだまだトレーニングの段階ですが結果を出せるようにしっかりトレーニングをします。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

今日は本当にありがとうございました。

 

……………………………………………………………………

Wさん

……………………………………………………………………

 

こんばんは。
座談会に参加しましたWです。

本日は貴重な場を設けていただき
ありがとうございました。

 

また場所代や飲食代まで全てDo.さんに
お支払いしていただき
申し訳ございませんでした。

ごちそうさまでした。

 

FXに関して役立つお話しはもちろんのこと
今後についてのお話も聞くことができて
楽しみが増えました。

 

また同じようにFXで稼ぎたいという人が
集まると刺激を受けますね。

参加できて本当に良かったです。

 

明日からまた月曜日がスタートしますが
まずは基本ルールでたくさん取引をしてみて
色々検証し、いつか良い報告をDo.さんに
できるようにがんばります。

 

それでは今後ともよろしくお願いいたします。

 

……………………………………………………………………

Gさん

……………………………………………………………………

 

おはようございます。

 

昨日はお目にかかれて、本当にうれしかったです。

ありがとうございました。

 

ごちそうになって、しかもお土産までいただいて、恐縮です。

昨夜家族で早速いただきましたが、私はスイーツ大好きなので、
それにとてもおいしかったので、
余った分は独り占めします(笑)

 

トレードについても、このシステムをもとに
自分の生活と性格にあった、ストレスの少ない
トレードができるようになれるかもしれない
と感じました。

 

素晴らしいサポートに出会えたおかげです。

 

今後頓珍漢な質問もしてしまうと思いますが、
今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

……………………………………………………………………

Oさん

……………………………………………………………………

 

Do. さん

 

本日は座談会に出席させていただき、ありがとうございました。

 

商材の販売者さんやプログラマーさんに
直接お会いしてお話をうかがう機会など
めったにありませんから、とても有意義な時間となりました。

 

ユーザーを勝たせる環境を整えていただける意気込みが、
おふたりから伝わってきて、とれもうれしいです。

 

お話をうかがって、
「ツールをうまく使いこなせるかどうかは、自分次第」
ということがよく分かりました。

 

ありがたいことに、トレードルールはツールが遵守してくれるので、
資金管理、いまの相場とのマッチング、通貨ペアの選択、
ポートフォ リオの組み方など、
マネジメントにエネルギーを集中していきたいですね。

 

私は裁量トレードや自動売買の経験が乏しいのですが、
V_system やツールからたくさん学ぶことがありそうなので、
とても楽しみです。

 

また、ユーザーのひとりとして、V_system やツールを通じた
自分の体験談(成功、失敗を問わず)を
おふたりや他のユーザーの方々にお伝えできる機会が
いずれあればいいなと思っています。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

……………………………………………………………………

Iさん

……………………………………………………………………

 

Do. 様

 

今日は、Do.さんとはじめてお会いできて本当にうれしかったです。

 

プログラマーさんとお二人の関係も教えていただき、勝手ながら運命のように感じています。

 

「お二人のような立派な方がおられるのだな」と世の中捨てたものではないと
真剣に思っています。

 

お二人との出会いに感謝です。

 

プログラマーさんから「ギブ&テイク」の貴重なお話がありました。
とても感銘を受けました。

 

プログラマーさんの一言を心にとめて、
今度は「自分がまず人に与えられる立場になるぞ。」と決意しました。

 

これまで自分の欲におぼれて、トレードも自己の検証不足により、
投資関係も、簡単に人へ依存し、当然のごとく騙され、石橋をたたいたつもりが
同じことをまた繰り返し・・・・。

今回、参加されなかった人たちの気持ちがわかる部分もあります。

 

座談会では、お二人に対して不愉快な発言もあったかと思われますが、どうかお許しください。

 

そしてお二人の並々ならぬご苦労も実際にお会いして肌で感じとることができました。

 

ボランティアではないのでビジネスとしてぜひ成り立たせてください。

 

それには、自分も含め他のメンバーさんもせっかくこのような機会を与えていただいた
幸運を生かし、各自がしっかり稼いで、結果を残さなければならないと思います。

 

そして、個人的には志を同じにした仲間に加わって、Do.さんの構想(10%倶楽部)に入会して
社会貢献ができるような心豊かな投資家を改めて目指したいと思います。

 

お伝えしていただいた、

 

「実際に運用する頭脳は【 あなた自身 】なのです。」
投資とは、自立です。

 

という言葉、

このことを心から自覚してこれからも行動していきます。

 

今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございました。

 

 

 

メンバーさんとのスカイプ動画 : ノウハウ話しすぎてしまって・・・

 

今回の公開では、無料のスカイプが特典、60分が2回分、ついています。

 

 

その、2 回目のMさんとの無料スカイプ、

メンバーさんとのスカイプなので、ノウハウもガンガン話題に出てきてしまいますが

そこは、ここまで興味を持ってこのサイトを御覧頂いた方への特別サービスです。

 

V_system のトレンド戦略のみをご案内していた頃の動画です。

 

「 自分でデーターを取りながらやると、これ、絶対負けの方が多いな、

と思うけど、最後計算するとパシーっとくるので安心感がある」

 

そう話してくださったMさん。

 

何がどうしてパシーっときて安心感につながるのか。

この文章だけでは意味がわからないと思いますので

まずはご覧ください^^

 

 

 

メンタルを強くすることは可能?

 

チャートと対峙する時は迷わないでください。

 

「今、本当にエントリーして良いのかな?」
「もう利確した方がいいのかな? いや、まだ伸びるのかな」

そんな迷いは一切必要ありません。

 

毎度毎度、迷っていたら身が持ちません(笑)。

 

 

エントリー時に迷わず、
ポジションを持っている時に迷わず、
損切りする時に迷わず、
利確する時に迷わない。

 

 

トレードにとって、メンタルの克服は大きな課題です。

 

最大の壁と言ってもいいかもしれません。

 

私も必死でそれに取り組んできました。

 

しかし、やればやるほど、その壁の大きさに愕然としたものです。

 

そして、

 

「メンタルを強化することはできない、
 そう思っていたほうがいい」

 

という結論に至りました。

では、どうすればいいのか?

 

少し、視点をずらしてみました。

 

メンタルを強化するのではなく、

 

強いメンタルを必要としないトレードをする。

 

安定したメンタルを維持し続けるトレードに徹する。

 

 

そのためには、よりシンプルで明快なルールを繰り返すこと。

 

検証時には徹底的に突き詰めるが、

トレードの実践時には、とにかく楽をする。

 

それを可能にしたトレード手法、
それが、V_system Pro でした。

私にとっては、これ以外に選択肢はない、そう確信したのでやり続けています。

 

ただ一つのことに集中して継続する。

 

結果を出すために必要なことはこれだけです。

もし、あなたにとってのたった一つの選択肢に V_system Pro を選んでいただけるのなら
私としては、こんなに嬉しいことはありません。

 

 

 

最後に、

 

あなたにとって、投資とは何ですか?

 

副収入を得るための手段?

大金をつかむための道具?

老後を安心して暮らすための収入源?

 

色々な考え方があると思います。

 

私はこう考えています。

 

 

投資とは自立です。

 

 

そして、もう一つこんな言葉を送ります。

 

自己に頼るべし

他人に頼るべからず

 

これは、今からおよそ 90 年前の大正 15 年、

当時 21 歳だった若き星野温泉主人の 4 代目星野嘉助(星野リゾート前社長)に

内村鑑三が送った言葉です。

 

自立への一歩。

 

あなたも V_system Pro と一緒に歩きはじめてみませんか?

 

今回、148,000円で提供させていただきます。

( 金額はすべて税込みです )

 

メンバーサポート、ブログでの活動に集中するため、今回の販売は 10 月 31 日で終了します。

 

お支払い方法は、銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済、ちょコムeマネー、BitCashに対応しております。

クレジットカードは分割もご選択いただけます。分割には別途手数料がかかります。

 3 回分割 49,333円(税込)✕ 3 回 
 6 回分割 24,667円(税込)✕ 6 回
10 回分割 14,800円(税込)✕ 10 回 
24 回分割   6,167円(税込)✕ 24 回 

 

申込みはこちら

 

 商品のダウンロードについて

当商品はダウンロード教材です。クレジットカードでお申し込みの場合、決済完了後、すぐにインフォトップの購入者マイページよりご案内PDFをダウンロードできるようになります。銀行振り込み、コンビニ決済などその他決済方法の場合、インフォトップより決済に関するお知らせメールが届きます。そのメールに従い、14日以内にご入金ください。インフォトップでの入金確認後、ご案内PDFダウンロード可能となります。ご案内PDFに沿って会員サイトにご登録頂き、そちらからソフトをダウンロードしてください。

 24回分割払いについて

  • クレジットカード分割払いはVISAかMASTERカードのみの取り扱いです。
  • ご利用限度額をお確かめ下さい。商品金額以上の限度額がないと購入できません。
  • クレジットカードによりご利用回数が異なります。予めご利用回数をお確かめ下さい。
  • VISAデビットカードは分割決済をご利用いただけません。
  • 分割払いの回数により別途分割手数料がかかります。
  • (分割手数料についてはご利用のクレジットカード会社にお問い合わせ下さい)

  動作確認環境

  • 対応OS:Microsoft Windows XP・7・8・10
  • CPU:Pentium1GHz以上を推奨
  • ハードディスク:500MB以上のハードディスク空き容量

 投資に係るリスクおよび手数料について

当教材は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。FX(外国為替証拠金取引)は価格変動リスクや、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また証拠金を上回る取引を行うことが可能ですので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。FX(外国為替証拠金取引)には取引業者の売買手数料がかかります。当教材の効果には個人差があります。この教材を参考にした金融商品などへの投資にはリスクが伴う事をご理解の上、自己責任でお願いいたします。

 

 

半自動売買システム(BreakEA Pro)の開発を少しのぞいてみましょう

 

V_system Pro のロジックを半自動売買システム( レンジとトレンドの判断は裁量で行います )にしたものを開発中です。

 

プログラマーさんにいつものように無理をお願いしながら(笑)、プロトの作成と検証を繰り返しています。

先日( 8 月 12 日 )も、世間ではお盆休みに入った時期だというのに、チャットワークで何度もやり取りを繰り返していました。

 

「 お盆に相場のことばかり考えている我々って異常なのかもしれません(笑 」

 

と言いながら(笑)

 

こんな感じで無理難題をプログラマーさんにお願いしています。

 

 

 

ちなみに、現状のプロトでレンジではこんな感じです。

 

 

 

いずれ、ご案内できる日が来ますので、楽しみにお待ち下さい。

※ BreakEA Pro は第 1 段階の開発が完了してメンバーさんへの案内が終了しています。現在、バージョンアップへ向けて改良中です。年内に間に合えばバージョンアップ版をメンバーさん優先公開ができるかもしれません。完成しましたら、V_system Pro とは別途、有料販売となりますのでご了承ください。

 

 

メールでのお問合わせは、最下段のお問い合わせよりお送りください。

 

※ こちらのブログには毎朝8時に動画をアップしていますので興味がある方はご覧ください。

Do. の自然道 ~ FX編 ~( http://fxdo.co.jp/ )

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー | お問い合わせ

Copyright (C) 2016 TERUTERU LLC  V_system All Rights Reserved.