トレンドには必ず休憩がある

トレンドには必ず休憩がある

 

こんにちは。

Do. です。

 

今週もデッド・オア・リッチの結果からお伝えします。

 

・7通貨ペア 15,000円目標決済・連続稼働設定:今週の増減 -4,760円

 

AUDNZDが背水の陣ポジションを持っています。

昨夜、もう少しで決済というところまで下がってきましたが惜しかったですね。

週明けの動きを見ていきましょう。

 

 

今日のワンポイントレッスンはトレンド戦略です。

HLバイナリーの正規販売用のツールがほぼ完成(モニター販売のユーザーさんにも無料公開予定)しました。

このはらみ線インジケーターはトレンド戦略用に作ったものです。

 

バイナリーでトレンドの順張り戦略は珍しいですよね。

私もさまざまなロジックやツールを試してきましたが

数十のロジックを試してきた中でトレンド戦略はわずか2つ。

 

逆張りのほうがロジックが作りやすく、マーチンなどの資金管理ロジックも

はまりやすい、といった理由があるのかもしれません。

 

でも、トレンドにはトレンドの面白さがあります。

この画像を見てください。

 

 

 

 

チャート上のチェックマークがエントリーのタイミングです。

緑の◯で囲んだところが勝ちトレード、赤の◯で囲んだところが負けトレードです。

 

トレンド戦略の面白いところは、このように一つのトレンドで複数のチャンスがあること。

そして、トレンドの終了が近いところやレンジでのエントリーを行わないように

フィルタリングができること。

 

上記画像の右の方のトレンド終了からレンジにかけてのタイミングで

はらみ線を示すレクタングルの緑の四角表示がありますが

エントリーサインのチェックマークは出ていません。

 

このようにフィルタリングができるということは

勝率アップにつながるということです。

 

 

 

トレンドの中に必ず存在するちょっとした休憩。

その休憩が終わってトレンドが再開する時にエントリーサインを出す。

このインジケーターがやっていることはそれだけです。

 

プライスアクションと移動平均線だけを使った

とてもシンプルなロジックになります。

 

 

動画ではちょっとお話をしましたが

これはバイナリー用のツールになっていますが

FXのツールとしても成立するように最初から設計しています。

 

トレンドの順張りでリスクリワードを良くするロジックは

FXでは王道です。

 

出来上がったばかりのはらみ線インジケーター。

これは、もしかしたら大化けするかもしれません。

 

 

先日、モニター価格でHLバイナリーを購入された方には

明日中にはバージョンアップをしたピンバーツールとHLサイン、そして

はらみ線インジケーターをアップしますので楽しみにしていてください。

 

アップが完了したら専用メルマガでお知らせいたします。

 

 

昨日は、久しぶりに自然道メルマガをお送りしましたが、

大切な部分が抜けていることに気がつきました。

 

そこで、下記の文章を追加しました。

 

************************************************************

 

プラットフォームに依存したものに投資をしてしまうと
その資金はコントロール不能です。

それをしっかりと腹に落とした上で資金を投じる必要があります。

 

ところが、自分自身のことはコントロールが可能です。

コントロールができないプラットフォームに投資した資金については

考えても仕方がないのですぐに忘れる。

そして、コントロールできる自分自身のスキルに徹底的に投資をして磨いていく。

 

それが「心の平安」につながる最短コースです。

 

************************************************************

 

お送りしたメルマガの文章は、昨日のブログにも投稿しましたが

とにかく重要なことを書いているので、

できればもう一度読み返してくださいね。

 

それでは、素敵な週末をお過ごしください。