ローソク足とインジケーターの成り立ちを知ることがすべての始まり

ローソク足とインジケーターの成り立ちを知ることがすべての始まり

 

こんにちは。

Do. です。

 

まずはデッド・オア・リッチの今週の結果です。

 

・3通貨ペア 週間目標決済設定:翌週へ持ち越し -5,331円

 

・7通貨ペア 15,000円目標決済・連続稼働設定:今週の増減 -10,486円

 

7通貨ペア運用の口座は、目標額に到達して決済した後も連続稼働を行います。

今週は19日(火)に目標額の15,000円の利益に到達しました。

その直後の有効証拠金からの増減が -25,468円です。

そのため、今週の増減は-10,486円となりました。

 

引き続き、来週に持ち越して含み損の解消を狙っていきます。

 

 

今日のワンポイントレッスンは、プライスアクションについて話しました。

これまで、プライスアクションについてはほとんど話したことがありません。

実際のトレードでは以前から使っていますが、

あくまでも上位足の環境認識とセットで見ていかないと意味がありません。

 

プライスアクションのみを注目しても

その裏にあるオーダーの動きを明らかにすることができません。

 

まずは全体の環境認識。

それができてはじめてプライスアクションが役に立ちます。

 

この順番を間違えないようにしてください。

 

 

 

プライスアクションは、ローソク足の形状と組み合わせで

相場状況を判断する手法になります。

 

ベースがローソク足なので、リペイントはありませんし

非常に明快です。

 

そもそも、ほとんどのインジケーターが

ローソク足の4本値から作られているわけですから、

その、基本になっているローソク足を、まず見ましょう、

というシンプルなお話です。

 

 

そして、そのローソク足の裏には

数え切れないくらいたくさんのオープンポジションのロットが存在します。

どのタイミングで、どれだけのボリュームのポジションができたか?

あるいは、解消されたか?

 

その結果がローソク足であり、チャートである、ということです。

 

このローソク足の背景を感じながらチャートを見ると

とても面白いですよ。

 

いろいろな発見がありますので、是非お試しください。

 

今日の動画では具体的なローソク足の成り立ちについても話しているのでご覧ください。

 

 

 

さて、昨夜公開させていただいた、HLバイナリー。

 

http://fxdo.co.jp/lp/hlbo

 

 

先日のメルマガでは今週の3日間しか掲載していなかった無裁量ロジックの結果を上記ページでは更新しました。

( 一部計算が間違っていたところも修正しました )

 

1週間の合計だけこちらに掲載しますね。

 

すべての取引の詳細もHLバイナリー紹介ページには掲載していますのでご覧ください。

どうして、この勝率でこの結果になるのか。

その理由が見えてきます。

 

今回のHLバイナリーはモニター販売となりますので

次回の正規販売価格の6割弱というサービスプライスです。

 

バイナリーに興味がない、という方も

一度のぞいてみてください。

 

販売ページを見るだけでもいろいろな発見があると思います。

 

 

昨夜、公開直後にいただいたメールをご紹介させていただきます。

 

************************************************************

HLバイナリーのセールスレター拝見いたしました。
これ、本当に本当にすごいですね!!
 
バイナリーのサインツールに対する自分の不満点を的確に表現し
そのうえでその解決への方向性を示されていて感動しました。
(バイナリー業者の情報も本当に有益でした)
 
さっそく申し込みさせていただきました。
明日早いのでもう寝てしまいますが、本当に少々興奮してしまいます。
 
DOさんもお忙しいので、このメールにはどうか返信なさらないでくださいね。
ただすごい感動したので気持ち伝えたくてメールしてしまいました
 
多分HLバイナリー実践し始めれば、あれこれ聞くこと出てきてしまうと
思いますが、どうかその時は何卒よろしくお願いいたします!!
 
************************************************************
 
 

それでは、こちらをご覧ください。

 

http://fxdo.co.jp/lp/hlbo

 

1月28日(木)までの限定販売になります。