【 FX 】ロジックルールの最終段階では発想を飛ばす

【 FX 】ロジックルールの最終段階では発想を飛ばす:2018.03.22 朝のライン

 

おはようございます。

Do. です。

 

今朝の FOMC の議事録公表。

パウエル FRB 議長の会見もあったので、

ドル円は行って来いのチャートになりました。

 

1 時から 4 時半の時間帯をエントリータイミングにしているレンジ勝ち逃げ大作戦。

今朝はお休みです。

 

3 時からの FOMC を考えると 1 時以降のエントリーでは

ちょっと危険が多いとの判断です。

パウエル FRB 議長の会見後も

4 時半までには、さすがにレンジ戦略を行えるチャートにはなりませんでした。

 

今週は、資金管理ロジックの検証のため

出来るだけ複数ポジションを同時に持たないようにしています。

これは精神的にはとても楽です。

 

ただ、エントリータイミングが少なくなる、という事実は否定できません。

複数のトレードを一つのかたまりとして考える、今回の資金管理ロジックでは

トレード数が多いほどプラスに持っていけるスピードが早くなります。

 

そこで、ふと思ったんです。

 

5 分足ではなくて、1 分足でやったらどうなるだろう・・・?

 

1 分足のトレードで、勝率 60% 超えを維持できれば

資金管理ロジックでプラスに持っていくことは可能です。

安定していれば複利も使うことが出来ます。

 

そして、チャンスは 5 分足に比べて

とんでもなく多くなっていきます。

 

そうすると、時間帯フィルターにそんなにこだわらなくても

レンジで鉄板のチャートを見つけることさえできれば

いつでもトレードは可能になります。

 

ローソク足の長さが 1 分と短いですから

当然、トレード時間も短くてすみますよね。

 

これは面白いかも知れないなあ。

というのが正直な印象です。

 

RangeEA_Pro に資金管理ロジックを搭載したとしたら・・・

ということまで考えると、ちょっと頬

がゆるんできます^ ^

 

もちろん、今の所、単なる思いつきでしかありません。

検証はこれからなので。

 

 

今回の 1 分足のように

ロジックルールが完成に近づいた時には

発想を飛ばすことが大切です。

 

以前もお伝えしましたが、

今のルールを、一旦すべてフラットにするくらいの大胆さも必要です。

 

 

とんでもない発見というのは

そんなところに転がっています。

 

 

 

昨日の結果を加えたレンジ勝ち逃げ大作戦の状況です。

 

 

 

 

 

 

「 Do. の自然道+FX セミナー 2018 ~スノーボール(複利)の芯を固める」 録画版公開です

 

2 月 12 日に開催した自然道を軸にしたセミナー。

大変ご好評をいただきました。

 

録画版を公開いたします。

 ↓↓

http://fxdo.co.jp/lp/seminar2018_02

 

ダイジェスト版と、参加された方との補講録音も公開しています。

 

最初はこのブログで常設で販売を継続しようと思っていたのですが、

あまりにいろいろなことをしゃべりすぎてしまいましたので、

今回の販売( 3月26日:月曜日まで )で完全終了でお蔵入りです。

 

V_system シリーズを購入されていない方でも購入は可能です。

興味がある方はご覧ください。

 ↓↓

http://fxdo.co.jp/lp/seminar2018_02

 

 

ルール作りの