【 FX 】トレンド終了後のレンジ中盤での鉄板トレード

【 FX 】トレンド終了後のレンジ中盤での鉄板トレード:2018.02.23 今朝のライン

 

おはようございます。

Do. です。

 

大きく下落方向に動いてきたドル円。

このまま 4 時間足の下限ポイントまで素直に下がるかどうか。

4 時間足の戻り高値から一気に 100pips ちかく下げてきましたね。

 

108 円 30 銭付近の日足のミドルまで到達する前に、

雲のレジスタンスで落ちてきた形になります。

 

ただ、これらのテクニカルの説明もすべてあとづけです。

4 時間足の雲があったから落ちてきたわけではありません。

そこは盲信しないようにしましょう。

 

 

昨日からの結果を含めたレンジ勝ち逃げ大作戦の今週の結果です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のワンポイントレッスンで話した、鉄板トレードは

EURUSD と USDCHF になります。

 

トレンド終了後のレンジの中盤です。

 

トレンドの後はレンジ、といういつもの法則を考えて、

トレンド終了をまず確認。

その後は、V字で逆方向のトレンドが出ないことを確認してエントリーです。

 

この形は、レンジ勝ち逃げ大作戦では

鉄板中の鉄板になります。

 

ぜひ覚えておいて下さい。

 

最後の NZDUSD は、ルールの検証です。

オセアニア系通貨ペアは、3 時以降はエントリーしない、

というルールを作っていますが、もう少し検証が必要だと感じています。

 

今日のように鉄板の場合、どのような動きをするのか。

また、6 時 45 分には、第4四半期小売売上高の発表があります。

このように指標の前、というタイミングでどうなのか。

 

このあたりを見ていきました。

 

結果的には利確に至らず下落してきたので途中決済です。

そのまま保有していたらロスカットになっていました。

 

このルールは引き続き検証を継続していきます。

 

 

昨日からブログでの販売を開始した V_system Pro。

早速、手にしてくださった人もいて

とても嬉しいです。

 

私のトレードの基本は全て網羅していますので

興味がある方はご覧ください。

 ↓ ↓

http://fxdo.co.jp/teaching-material/